竹かごや 市川商店

宮城県篠竹 水切りざる(米とぎざる)小・中・大 3サイズ

宮城県の仙台市よりも50キロほど北部に位置する大崎市岩出山地区では、
江戸時代のころから武家の内職でかごやざる作りが始まったと言われています。
その地域に自生していた篠竹(しのたけ)と呼ばれるしなやかな笹を使い、
暮らしの道具や業務用として、用途に合わせて作っていました。

最盛期は80種類以上の種類のかごやざるが作られていましたが、
時代の流れとともに種類も生産量も現在は激減しており、
縁に真竹を使用しない等、いわゆる篠竹だけを使った昔ながらの素朴なざるやかごは、
現在ほんの少し残ってらっしゃるご高齢の方々が作るもののみとなっています。

宮城県の篠竹細工は何よりとても軽く、手当たりも柔らかいため、
毎日の台所まわりにおいて、とても使い勝手が良いことで知られています。

こちらはその中でも深めのざるです。
もともとはすべてのサイズがお米を研ぐのに合わせて作られていた米とぎざるです。


米どころであり、酒どころでもある宮城県では、このような形のお米を洗うざる作りが
発達しました。一番大きな同じタイプのざるの名前は「大酒屋ざる」と呼ばれています。
また、お米だけでなく豆類を洗うのにもよく使われていました。

しかし、現在作れる種類は少なくなってしまい、
便宜上、このページでは小・中・大と呼ぶ3サイズのみのご紹介となっています。
本来は小よりもさらに小さいサイズや、大よりもさらに大きいサイズがありましたが、
今は作る方が残念ながら、いなくなってしまいました。


全体を小指ほどの太さの通称篠竹という笹を、
縦に割って、それを薄く剥ぎ、内側の部分は捨てます。
つるつるした表皮がついている方を主に使い、ざるを作ります。
それを縦骨に横のひごを回しながら、規則的に編んでいきます。


新しい季節の篠竹で作った出来立てのざるは、
青みがほんのり残っていて、実に美しいです。


宮城県の米とぎざるはつるつるした表皮を内側にして編み込んであります。
そうすることで、内側が滑らかな仕上がりになります。
お米や食材のみならず、手も傷つけにくいです。


底はあじろ底編みという、ざるでよく使う編み方から始まっています。
宮城県では、この底の中心の2本セットのひごの本数でざるの名前を呼んだりします。
この写真ですと、2本セットのペアが12組ずつで編まれているので、
「十二本ざる」と呼ばれます。このページでは後ほど中サイズとしてご紹介します。


縁も割っていない篠竹を芯材にして、それに薄くした篠竹で巻いて仕上げています。


巻縁仕上げ(まきぶちしあげ)という手法で、きれいに巻かれています。


それでは、3サイズを順番にご紹介していきます。
まず、こちらは小サイズです。元々産地では、10組の底づくりから始まるので、
「十立てざる・十縦ざる(とたてざる)」と呼ばれます。


このサイズはお米で言うと5合を洗うのにちょうどよいと言われています。
口の直径約23cm、高さが約12cmで、底の直径は15cmほどです。


軽くて、小ぶりで一番現代のキッチンでは使いやすいサイズと言えます。
しかし、残念ながら、ご高齢の為、少し作りが荒くなっています。
縁の部分は少し、すき間があったり、


底の部分の編み目が少し開いていたりという部分があります。


とはいえ、ざるとしてはまだまだ普通に使えるものですので、
私どもはこのサイズは米とぎざるではなく、「水切りざる」としてご提案しております。

実際、野菜を水洗いしたり、麺類を湯切りしたりする使い方であれば、問題なくお使いいただけます。
もちろん、お米も研げます。ただし、お米を一粒も漏らさずに研ぎたいという方には、
この作りですと難しいかもしれません。
また、水まわり以外でも、根菜や果物のストック入れておく収納用ざるとしても良いです。

続いて、中サイズです。こちらは元々産地では12組の底づくりから始まるので、
「十二本ざる」と呼ばれます。お米で言うと、一升ほどのお米を研ぐためのサイズです。


こちらの作り手さんはご高齢であるものの、まだしっかりと編み目や縁も決まっていますので、
十分に米とぎざるとしてお使いいただけます。


最後は大サイズです。こちらは元々産地では13組の底づくりから始まるので、
「十三本ざる」と呼ばれます。お米で言うと、二升ほどのお米を研ぐためのサイズです。


しっかりとした容量があります。とはいえ、これも元々産地で作っていたこのタイプのざるの中では、
真ん中くらいの大きさのざるだというのだから、驚きます。


この大サイズは中に入れる容量も重くなってきますため、
補強の「力竹(ちからだけ)」が3本底を通っています。
この竹は真竹という太い竹を使っています。


底から縁の方に向かって、途中の編み目にも刺しています。


縁にひっかけて、内側の編み目にもぐっと差し込まれています。
水分を含んだ重いお米などを入れて、何度も使っているうちにに
底近くの編み目が重さで伸びて広がってしまうのをこの力竹があることで防ぎます。


どのざるも大きさの割に軽いです。中に物を入れたときには、
縁だけ持たずに、全体を抱えるように持つと、ざるが長持ちしますよ。
使用後に水洗いした後は、縁は叩きつけたりしないように、
良く振ったり、おしりをたたいたりして水を切ってくださいね。

小サイズはキッチンまわりでとても使いやすいサイズ感です。
中サイズや大サイズの内側の滑らかな作りには長く米とぎざるを
作ってきた産地の技術を感じます。お好みのサイズをお選びくださいませ。


***宮城県の大きなざるの話***
現在は、大きなざるを使う人も、作れる人も残念ながらほとんどいませんが、
大きな米とぎざるで目一杯お米を洗ってみたらきっと気持ちがいいでしょうね。
お米の国、産地だからこそ生まれた大きさのざるの名前と容量を下に書いておきますね。
・「大酒屋(おおざかや)ざる」
 ・・・名前の通り、酒屋で使う米を洗う時に使ったそうで、
   宮城篠竹細工で確認されている最大サイズです。
   なんと米が一俵分(四斗)入るサイズとのことです。
・「小酒屋(こざかや)ざる」
 ・・・こちらは大酒屋ざるより一回り小さく、大きさとしては2番目。
   大酒屋ざると用途は同じです。米二斗分が入るサイズです。
・「大々彦(だいだいひこ)ざる」
 ・・・3番目に大きいサイズで米一斗五升入るサイズです。
   用途は米洗い以外に種籾を選別し、洗う時にも使われたそうです。
・「小彦(こひこ)ざる」
 ・・・4番目に大きいサイズで米五升が入るサイズです。
   大々彦ざると用途はおおよそ同じです。催事で餅をつくときにも使われたそうです。
現在、どれもお目にかかれないのが、とても寂しいです。
こんな大きなざるがまた作られ、使われるようになったらと思うと、わくわくしますね。  


サイズ/重量
小サイズ:直径約23cmx高さ12cm、底の直径約15cm/100g
中サイズ:直径約30cmx高さ17cm、底の直径19cm/170g
大サイズ:直径約35cmx高さ20cm、底の直径21cm/300g

※小サイズはご高齢の職人が作っており、縁にすき間が開いたり、
 編み目が荒い部分がございます。予めご了承くださいませ。
 とはいえ、ざるとして通常の使い方をしていて、
 すぐに壊れてしまうようなことはありませんので、ご安心ください。
 
天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 3,000円(税込3,300円)〜6,500円(税込7,150円)
小サイズ(五合用)中サイズ(一升用)大サイズ(二升用)
サイズ

サイズ
小サイズ(五合用)中サイズ(一升用)大サイズ(二升用)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週木、金、土曜日       (月1回日曜日も営業) 店舗営業時間:11:00-16:00

月、火、水曜は店舗はお休みですが、 お電話での対応等いたします。

<店にお越しいただける卸先のお客様へ> 一般のお客様と曜日を分けております。事前にご連絡いただき、可能な限り、月曜、火曜にお越しいただきますようお願い申し上げます。(月、火が難しい場合はご相談くださいませ。)

そのほうがゆっくりとご相談できますので、勝手を申し上げて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
2020年7月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
上へ