竹かごや 市川商店

沖縄県竹富島 月桃 ボトルホルダー

沖縄県は琉球諸島と呼ばれるかつての琉球王国の領土から
形成されている小さな島の総体と言えます。

奄美群島、沖縄諸島、宮古列島、八重山列島を合わせたものを
琉球諸島と呼び、そのうち奄美群島だけは現在、鹿児島県に属しています。

太平洋と東シナ海という大洋の境をなす、その列島ではぐくまれた植物たちは、
また、日本の他の地域とは違った色彩を帯びながら、
同じように人の手の力で、人々の生活の道具となっています。

それぞれの島の面積は小さいにもかかわらず、その熱帯的な気候から、
突き抜けた青空に映える色の植物たちは、
明るくみずみずしく、どこでも採取できるという良い意味で繁茂しています。

その中でもこちらは、竹富島で月桃(げっとう)という植物の葉を
使って作られたボトルホルダーです。


月桃はショウガ科・ハナミョウガ属に分類される多年草です。
葉のそのさわやかな香りからアロマ香料やお茶としても使われています。
また、その香りから虫よけとしても効果が認められています。


その月桃の茎の皮を乾燥させ、細かく割いたもので縄を綯(な)います。
その縄からこの形を作っていきます。500mlのペットボトルサイズです。
同じような大きさの水筒なども入ります。


この編み方は、海に浮かべるブイを結ぶ時と同じ編み方だそうです。
比較的細かめに編まれています。


底はきっちりと決まっていて、あまり広がらないようになっています。


口の方は、ボトルを出し入れしやすいよう開いたり、
持ち運ぶ時に首をキュッと閉めることもできる作りです。


運ぶ時などの縄の長さは調節できるようになっています。
人の手でよられた縄にもかかわらず、スムーズに調節ができます。
(乾燥した時期より、湿気の多い時期の方がスムーズです。)


調節できる長さは、一番短くて30cmほどで、


最大60cmほどととても長くなりますので、
男性でも肩から斜め掛けにすることもできます。


かごの口部分とベルトになる縄はつながっているため、
ボトルを入れて、肩から下げれば、自動的に口が閉まるようになっています。


乾燥させているので、匂いは強くありませんが、
少し揉むことで、月桃特有のさわやかな匂いが感じられますよ。

このかごが全て月桃という植物から作られた縄でできているのが、不思議に感じます。
しかし、この縄づくり=材料づくりこそ、竹富島はもちろん、
全国の民具づくりの基礎でもあるのだということも同時に考えさせられます。

とても軽やかな雰囲気の月桃のボトルホルダー、
お出かけでついつい手に余る飲み物も、
ここに入れて運べば、楽しい気持ちになりそうです。



サイズ/重量
かご部分直径8cmx高さ18cm、持ち手部分30-60cmで調節可能/20g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 5,000円(税込5,500円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週木、金、土曜日       (月1回日曜日も営業) 店舗営業時間:11:00-16:00

月、火、水曜は店舗はお休みですが、 お電話での対応等いたします。

<店にお越しいただける卸先のお客様へ> 一般のお客様と曜日を分けております。事前にご連絡いただき、可能な限り、月曜、火曜にお越しいただきますようお願い申し上げます。(月、火が難しい場合はご相談くださいませ。)

そのほうがゆっくりとご相談できますので、勝手を申し上げて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
2020年9月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
上へ