竹かごや 市川商店

山梨県スズ竹 うどんざる/そばざる 小・中 各2サイズ

およそ400年前の江戸時代初期から続く、山梨県のスズ竹細工。
富士山の二合目付近に自生するスズ竹は、細くしなやかでざるを作るのに適していました。

他の地域での竹細工は大概、秋から冬にかけて材料を取りますが、
こちらのスズ竹は一年中材料を採取することが可能です。
そのため、いつも美しい色味とよい香りが漂います。

ざるを編む材料のことを産地では「ヘゴ」と呼びます。
直径1cmにも満たない細いスズ竹を4つ割りや6つ割りにして、
表皮に近い部分だけを削り出し、編むためのヘゴを作ります。
そのヘゴを鉄の板に開けた穴に通しながら、幅をそろえていきます。

そんな工程を経て作られた、こちらはうどんざるとそばざるです。


このページでは縁が立ちあがっているのを「うどんざる」と呼びます。
産地では「小皿」、「中皿」などという名前で呼ばれています。


縁が立ちあがっていないものを「そばざる」と呼んでいます。
産地ではお盆のようだから「盆皿」の小、中などと呼びます。


このざるの産地である富士吉田市付近は「ほうとう」や「吉田うどん」でも
有名なほど、太い麺やうどんをよく食べる地方だったため、
縁が立ち上がっているざるが多かったそうです。


日本各地でいろいろタイプのざるが作られていますが、
山梨県スズ竹細工の特徴はこの細やかな編み目の美しさです。


ざるは中心のこの部分から作っていきます。
中心から放射状に伸びたひごに、巻きつけるように編んでいきます。


縁は縁巻き用の柔らかい竹を使って巻きます。
この新竹のことを産地では「ノロッコ」と呼ばれています。


巻縁仕上げ(まきぶちしあげ)と呼ばれる手法です。
この方法ですと、真竹細工の縁の仕上げでよく用いられる
籐(とう)や、針金や銅線などの他の材に頼らずに竹だけで完結できます。


裏返しても、編み目の美しさは変わらず楽しめます。


それでは、うどんざるの2サイズをご紹介します。


こちらは小サイズです。直径は約23cmです。
100〜150gほどの麺類をのせるのにちょうど良いです。


こちらは中サイズです。直径は約26cmです。
150g〜300gほどの麺類をのせるのにちょうど良いです。


両サイズとも3-4cmほど縁が立っています。
この少しがかさのあるうどんを包み込んでくれます。


続いて、そばざるの2サイズです。


こちらは小サイズです。直径23cm程です。
同様に100〜150gほどの麺類をのせるのにちょうど良いです。


こちらは中サイズです。直径26cm程です。
150〜250gほどの麺類をのせるのにちょうど良いです。


うどんざるの方が縁がある分、若干載せられる量が多くなりますが、
基本的には同じような使い方ができます。

名前はうどんざる、そばざるとしていますが、
うどんやそばに限らず、他の麺類やおにぎりやパン、
茹でたトウモロコシやさつまいもなどを載せるのに使い勝手がよいです。
唐揚げや天ぷらなどもキッチンペーパーや懐紙を敷いてお使いいただけます。

気持ちの良い淡い緑色で細かく編みこまれたこのざるは、
見ているだけでも気持ち良くなるような力を持っています。
お好みのタイプとサイズをお選びくださいませ。



サイズ/重量
うどんざる小サイズ:約直径23cmx高さ3cm/60g
うどんざる中サイズ:約直径26cmx高さ4cm/90g
そばざる小サイズ:約直径23cmx高さ2cm/50g
そばざる中サイズ:約直径26cmx高さ3cm/80g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 3,000円(税込3,300円)〜3,800円(税込4,180円)
 そばざるうどんざる
小サイズ(直径23cm)
中サイズ(直径26cm)
タイプ
サイズ

タイプ
サイズ
 そばざるうどんざる
小サイズ(直径23cm)
中サイズ(直径26cm)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週木、金、土曜日       (月1回日曜日も営業) 店舗営業時間:11:00-16:00

月、火、水曜は店舗はお休みですが、 お電話での対応等いたします。

<店にお越しいただける卸先のお客様へ> 一般のお客様と曜日を分けております。事前にご連絡いただき、可能な限り、月曜、火曜にお越しいただきますようお願い申し上げます。(月、火が難しい場合はご相談くださいませ。)

そのほうがゆっくりとご相談できますので、勝手を申し上げて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
2020年7月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
上へ