竹かごや 市川商店

山梨県スズ竹 小ざる(米とぎざる・水切りざる)特小・小・中 3サイズ 

およそ400年前の江戸時代初期から続く、山梨県のスズ竹細工。
富士山の二合目付近に自生するスズ竹は、細くしなやかでざるを作るのに適していました。

他の地域での竹細工は大概、秋から冬にかけて材料を取りますが、
こちらのスズ竹は一年中材料を採取することが可能です。
そのため、いつも美しい色味とよい香りが漂います。

ざるを編む材料のことを産地では「ヘゴ」と呼びます。
直径1cmにも満たない細いスズ竹を4つ割りや6つ割りにして、
表皮に近い部分だけを削り出し、編むためのヘゴを作ります。
そのヘゴを鉄の板に開けた穴に通しながら、幅をそろえていきます。

そんな工程を経て編まれた、産地で「小ざる」と呼ばれる深さがあるざるです。
こちらのページでは産地における一番小さいサイズから3サイズをご紹介します。


平たいざるを作るのと同様に、底の中心から作っていきます。
中心から放射状に伸びたひごに、巻きつけるように編んでいきます。


2本ずつの縦骨に横にまわすヘゴを規則的に編み重ねています。
ざるの内側につるつるの表皮が来るように編んでいます。


縁は縁巻き用の柔らかい竹を使って巻きます。
この新竹のことを産地では「ノロッコ」と呼ばれています。


巻縁仕上げ(まきぶちしあげ)と呼ばれる手法です。
この方法ですと、真竹細工の縁の仕上げでよく用いられる籐(とう)や、
針金や銅線などの他の材に頼らずに竹だけで完結できます。


そして、この深いタイプのこの「小ざる」で特徴的なのは、
中心部分に見える底から縁にかかっている補強の力竹(ちからだけ)です。


円に対して、十字に縁から反対側の縁へとかけられています。


途中の編み目にも刺しながら、ざるを支えています。


この補強の力竹は長くざるを使っていく上では、大切な役割を果たします。
ざるは水を含んだお米など、重いものを繰り返し入れて使っていると、
だんだんと、ざるの底に近い側面の編み目が離れていくことがあります。
それをこの力竹があることによって、防いでいます。

この「小ざる」にはサイズに関わらず、一番小さいサイズにも力竹が通っていますから、
とても安心感があります。

それでは、一番小さい特小サイズからご紹介します。
直径は20cm程度で、深さが9cm程です。底の外寸直径は14cm程度です。


お米ですと、二合程度入れて洗うのがちょうどよいと言われています。


次は、小サイズです。産地では二番目に小さいです。
直径23cm程で、深さ10cm程です。底の外寸直径は15cm程度です。


お米ですと三合程度入れて洗うのがちょうどよいと言われています。


最後は中サイズです。産地では小さい方から三番目のサイズです。
直径26cm程で、深さ12cm程です。底の外寸直径は17cm程度です。


お米ですと五合程度入れて洗うのがちょうどよいと言われています。


この3サイズはこのように入れ子にもなるので、複数あってもあまり場所を取りません。


米とぎざるとして使われるときには、下にボールなどを敷いて、
お米の入ったざるを入れて、水を流しながら、ぐるぐると内側で回すだけで、
編み目やお米同士がぶつかり糠が落ちます。
ボールの水を数回変えて、同じ動作を繰り返すだけです。
ざるの側面にこすりつけたりする必要はありません。

ざるを作るときに、材料が足りなくなった時に、ヘゴを継ぎ足していくのですが、
この職人の場合、反時計まわりに手をまわしたほうが、
継ぎ足した時に少し飛び出る竹が指に当たりにくいです。
米とぎなど、中に手を入れる場合などはお気をつけください。


また、お米を洗い終わって、お釜に移すときには、
ざるの側面をたたきながらやると良いですよ。
叩きながら移していき、最後はざるのお尻もしっかり叩きながら、残っている粒を落とします。

どうしても、引っかかってしまう粒は指で落としたり、
箸や竹串などで、落とすといいです。
縁を打ち付けたりせずに、側面やお尻をトントントンとたたくのポイントです。

このざるは編み目は詰まっていますが、縁にS字フックなどでひっかけることもできますので、
使い終わったら、タワシなどで水洗いをして、よく振って水を切り、
換気扇の近くなど風通しのいいところで、陰干ししてください。

このタイプの深さがあるざるは米研ぎ用だけでなく、料理の仕込みや調理道具としても活躍します。


野菜の仕込みや洗った後の水切り、茹でた野菜や麺類の湯切りなど、
1つあるだけで、たくさんの機能を果たしてくれますよ。
特小、小、中、お好みのサイズをお選びください。



サイズ/重量
特小サイズ:直径約20cm、高さ9cm、底の外寸直径約14cm/80g
小サイズ:直径約23cm、高さ10cm、底の外寸直径約15cm/110g
中サイズ:直径約26cm、高さ12cm、底の外寸直径約17cm/150g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 4,500円(税込4,950円)〜5,800円(税込6,380円)
特小(直径20cm・二合用)小(直径23cm・三合用)中(直径26cm・五合用)
サイズ

サイズ
特小(直径20cm・二合用)小(直径23cm・三合用)中(直径26cm・五合用)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週木、金、土曜日       (月1回日曜日も営業) 店舗営業時間:11:00-16:00

月、火、水曜は店舗はお休みですが、 お電話での対応等いたします。

<店にお越しいただける卸先のお客様へ> 一般のお客様と曜日を分けております。事前にご連絡いただき、可能な限り、月曜、火曜にお越しいただきますようお願い申し上げます。(月、火が難しい場合はご相談くださいませ。)

そのほうがゆっくりとご相談できますので、勝手を申し上げて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
2020年7月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
上へ