竹かごや 市川商店

岡山県い草 手提げ(いかご)丸手 小・中・大 3サイズ

現在、いぐさを縒(よ)った「い縄(いなわ)」を使って、
かごを作っているのは、岡山県倉敷市にある一軒のみとなってしまいました。

そんな時代の中で、おばあ様からその一軒を継いだ方は、若くからこの仕事に携わっています。
自由な感性で既存の製法や仕上げ方にこだわりすぎず、
性別を問わず、どの世代にも楽しんでもらえるような工夫をしています。

「い縄」を使った手提げ「いかご」は、
元々「闇かご(闇市に行くときのかご)」と呼ばれており、
昭和20年〜40年頃にかけて、ごく普通に買い物かごとして使用されていたそうです。

このいかご、他のかごとは少し作り方が違いますので、簡単に説明をします。
まず、この代々大事に使ってきた木製の織り機を使います。


何十本もの「い縄(=いぐさの縄)」をたて糸として、セットします。
大サイズで55本ほどをセットします。たて糸をセットするだけでもとても時間がかかります。
このたて糸は交互に上へ走るもの、下へ走るものの2組に分けられます。


そこに杼(ひ)というよこ糸を編む道具を横の端から端に飛ばします。
そして、足元にあるペダルを踏み、上下のたて糸をガタンとひっくり返すことで
編み目を形成していく仕組みです。

そして、杼を飛ばした後に、左手で持っている筬(おさ)でタンタンと叩きながら、
編み目を整えます。この作業を繰り返していきます。


こうした、いわゆる機織りの要領で編み進めていくと、かごになる前の平たい編み目ができます。
この編み目を長く作っていき、かごの原型を作ります。


材料が切れるまで編んでいったら、織機から外し、生地状になったたものの両端をかがり、
持ち手を付けてかごの形に仕上げます。

そんな工程を経て作られた、小・中・大の3サイズのいかごです。


サイズが違うのみで、すべてのサイズは同じ工程を経て作られています。


かご全体はあの木製の織機で編まれた生地状のものから作られています。


編み目は、織機を使っているため、草をよったものを編んでいるとは思えないほど、
端正な仕上がりになります。


基本のいかごの編み目は、かごの上部と下部は横を2本ずつ、中心部は1本ずつという仕様です。
写真真ん中あたりで、よこ糸の本数が変わっています。


縁部分は手作業で、一つ一つ力を入れて、縛っていきます。
1回だけではなく、さらに縛りを重ねる2段階で縛り留めているので、安心です。


上から見ると、縁が2重に縛られ、作られていることがわかります。


側面は1枚の生地状のものを半分に畳んで、
合わせ目に一目一目い縄を通して、結んでいる重要な場所です。


持ち手とかごの接続部分は4本の「い縄」でぎっちりと縛り留められています。


草のような柔らかい素材はこの「縛る」という動作ができるのが、良いです。


こちらのページでは小・中・大、すべてのサイズで「丸手」と呼ばれる、
い縄を芯材にして、それにい縄をぐるぐると巻いていく持ち手になっています。


底づくりはよこ糸を3本ずつで丈夫にしています。


内側の底を見てみると、かごのマチ(=奥行)を作るときにできる三角形の痕跡があります。
マチの幅が大きければ大きいほど、三角形は大きくなります。


いかごのこの基本的なタイプは、そこまでマチが広くはありませんが、
柔らかい素材の為、入れたものに応じて膨らんだり、
逆に体につけてギュッとつぶすこともできるのが良いです。


3サイズを順にご紹介します。
まずは小サイズです。いかごの中では最小サイズとなります。


横幅29x奥行9xかご部分の高さ24cmほどです。


こちらは中サイズです。


横幅33x奥行き12xかご部分の高さ27cmほどです。
女性でしたら、肩にかけることもできそうです。


最後は大サイズです。


横幅37x奥行き15xかご部分の高さ30cmほどです。
持ち手も少し長めの作りですので、肩にかけて使うのによさそうです。


いかごは畳と同様に、い草特有のいい香りが、新鮮さと懐かしさを同時に届けてくれます。
さわやかな色味とシンプルできっちりとした編み目、見ているだけでもなんだか気持ちがいいです。

老若男女問わず、お求めくださる方が多いかごです。
男性でも女性でもあまり服装を選ばずに使えます。
さっぱりとしたTシャツ、ジーンズ、サンダルというようなラフなスタイルにもよく合います。
かごバッグというと、女性が持つものというイメージがまだまだありますが、
こちらのかごは性別を越えて、一つのかごを一緒に使うこともできます。

何年も使用するにつれ、い草の緑色は、味わい深い茶色へと経年変化していきます。
だんだん使っていくうちに、なじんでいくのも楽しみの一つです。
お好みのサイズをお選びくださいませ。



サイズ/重量
小サイズ:約29x9x高さ24cm(取っ手付高さ39cm)/360g
中サイズ:約33x12x高さ27cm(取っ手付高さ42cm)/410g
大サイズ:約37x15x高さ30cm(取っ手付高さ48cm)/500g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 8,400円(税込9,240円)〜11,000円(税込12,100円)
小サイズ中サイズ大サイズ
サイズ

サイズ
小サイズ中サイズ大サイズ

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週木、金、土曜日       (月1回日曜日も営業) 店舗営業時間:11:00-16:00

月、火、水曜は店舗はお休みですが、 お電話での対応等いたします。

<店にお越しいただける卸先のお客様へ> 一般のお客様と曜日を分けております。事前にご連絡いただき、可能な限り、月曜、火曜にお越しいただきますようお願い申し上げます。(月、火が難しい場合はご相談くださいませ。)

そのほうがゆっくりとご相談できますので、勝手を申し上げて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
2020年10月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
上へ