竹かごや 市川商店

鹿児島県白竹 手つき弁当かご 浅(蝶番付き)

鹿児島県は日本でも有数の竹林保有面積を誇る「竹大国」と言えます。
その半数を占めるのが見るからに生命力に満ちた太い孟宗竹です。
孟宗竹は肉が厚く、そして硬いため、ひごにするのには大変な苦労があります。
その為、竹のへら等の調理道具やスプーンなどのカトラリーに加工されることが多いです。

逆にざるやかごなどの編組(へんそ)品は真竹で作られることが多いです。
孟宗竹に比べ、真竹は肉が薄く、格段に細く、薄く、長いひごを作りやすい、
つまり、かごやざるのための材料が作りやすいと言えます。

こちらは、その青い真竹を天日干し、または煮沸などの熱処理にて
竹の油と色を抜いた「白竹」を使って作られた、取っ手付きの弁当かごの浅いタイプです。
また、このかごの後ろには蝶番がついています。


全体は「ひしぎ編み」という編み方で、
九州の白竹でつくる弁当かごによく見られる編み方です。


縁部分は幅の広い竹を使い、真鍮釘で留めています。
蓋と身を合わせる部分も決まっています。


硬くて、真っすぐな竹を火を使って、直角に近い角度に曲げています。


底は幅の広いひごが筏底編み(いかだそこあみ)という、丈夫な編み方になっています。


持ち手も同様に白竹で作られています。


かごと持ち手は大きめの真鍮釘で留められています。


内側でちゃんと釘の先は折ってしまわれているので、ご安心ください。


また、持ち手は真鍮で留められているとはいえ、滑らかに動かすことができます。


蓋は身のかごと水平になるほど大きく開けることができます。
かごの内寸25cmx20cm、高さ5cmほどはありますので、
おにぎりもたてに並べることもでき、たっぷりの量が入ります。


そこまで大きく開けることができる理由はこの蝶番です。
こちらも同様に真鍮製ですので、雰囲気を邪魔しません。


同様に内側の釘は畳み込まれていますので、安心してお使いください。


白竹の黄色味の強い風合いから和食やおにぎりのみならず、
サンドイッチやパンなどの洋食との相性もとても良いです。
かごはほどよく通気性があって、蒸れにくいところがよいところです。
反面、水分のあるおかずなどには、向いていません。

できるだけ乾いたおかずを入れていただくといいです。
クッキングシートやワックスペーパー、ラップや布等を適宜敷いたりすると、
かごへの汚れも気にせず使えると思います。

お使いになるときは、このように大きく開けてもいいですし、


持ち手の一方で蓋を支えるようにすることもできます。


使い終わりましたら、タワシなどを使い、水洗いしていただき、
よく水を切って、蓋を開けて、しっかりと乾燥させてください。
また、シートやペーパーの使用でほとんど汚れていなければ、蓋を開けて、よく乾燥させてください。

揚げ物などで、油が付いた場合は、少量の洗剤をつけても大丈夫です。
その際、よく水ですすいでください。

弁当かごに限らず、おうちの救急箱や裁縫道具入れなどしても使えそうです。
高さがあまりないため、部屋の中にあっても圧迫感はあまりないです。
室内外問わず、「運んで開けて」をお楽しみください。



サイズ/重量
約27x22x高さ9(取っ手付き高さ18)cm/380g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

弁当箱の内側には竹を曲げるために熱を加えた名残で少し黒ずむことがありますが、
品質に問題ございません。
また、表面も竹特有の模様・斑点などが見られることがありますが、
自然の風合いと予めご了承いただき、ご購入くださると幸いです。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 13,000円(税込14,300円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週木、金、土曜日       (月1回日曜日も営業) 店舗営業時間:11:00-16:00

月、火、水曜は店舗はお休みですが、 お電話での対応等いたします。

<店にお越しいただける卸先のお客様へ> 一般のお客様と曜日を分けております。事前にご連絡いただき、可能な限り、月曜、火曜にお越しいただきますようお願い申し上げます。(月、火が難しい場合はご相談くださいませ。)

そのほうがゆっくりとご相談できますので、勝手を申し上げて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
2020年8月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
上へ