竹かごや 市川商店

大分県真竹 花取籠

こちらは青い真竹に「みがき」をかけたひごで編み上げた大ぶりなかごです。
かご自体は竹とつづらふじで仕上げていて、花取籠(はなとりかご)と名付けられています。


「みがき」とは青竹の表皮を薄く一枚、刃物で削ぐ技法のことを言います。
みがくことで、表皮についた傷や斑点が見えにくくなり、
艶も出てくるため、見た目がより美しくなります。

「磨き」に対する言葉として、表皮がついたまま編んだものを「皮つき」と
呼んだりすることもあります。

目を見張るシュッと背が高い形が特徴的です。その高さおよそ55cmです。


形は特徴的でありますが、基本的な作りは他のかごと変わりません。
全体は幅広めの2組ずつの縦骨に細いひごを規則的にまわし編んでいく、
ござ目編みという編み方で、編んでいます。
サイズが大きくなっても、そのひごの滑らかな仕上がりは健在です。


全体は寸胴ですが、一番上の部分に近づくところで、キュッと開いています。
無理のない、それでいてシャープなくびれです。


口部分の縁づくりは同じく磨いた竹で「当て縁(あてぶち)仕上げ」という技法で、
つづらふじを使い、美しく、力強く仕上げられています。


上から見ても、その仕上がりの美しさがよくわかります。ほぼ正円です。


幅の広い縁にもかかわらず、節の部分もきれいにそろっています。


底を見ると、6本もの力竹(ちからだけ)が差し込まれています。
底の面積が小さくても、この本数は変わりません。


ぶつけて傷めやすい四隅は力竹によって守られています。


かごの底部分の内寸は約15cmx15cmです。


そして、この籠はただ花を生けるだけの籠ではありません。
華道をたしなまれる方からのリクエストから生まれたこの籠は、
ざっくりと花を挿したまま、肩にかけて運べるようになっています。

その肩にかける紐は、棕櫚ひもです。
シンプルに2回ほど固結びがされているだけなので、ご自身で長さは調節可能です。


竹とともに編み目に組み込まれ、籠と一体化しています。


底部分も内側にもくぐらせてあります。
こちらがわっか状で基礎になっていて、上からくる棕櫚ひもを結びつける形です。


そして、口部分の後ろには、短めの麻紐もついているので、
花を入れて、運び、そのまま展示までできてしまいます。


また、「みがき」の技術の素晴らしいところは、青い竹が輝くことはさることながら、
磨いたことにより、表面にムラがなくなる為、経年変化する際にきれいに飴色に変わっていくことです。
こちらのかごは程よく青色が抜けて、薄いあめ色が入ってきている段階です。

この出で立ちに、このサイズ感を目の前にすると、圧倒されます。
インテリアという言葉について、考えさせてくれます。
もちろん、お花をたしなまれる方々にとって、これは実用のかごにもなります。
一方、一般的なご家庭にこの籠は少々大きすぎますし、使い方も難しいです。

しかし、本質的なインテリアをど真ん中でいってくれる「飾りがいのある」籠とも言えます。
実用向けに作られた籠をインテリアにする贅沢を、この籠は確実に届けてくれます。


<桐山浩実さんの籠づくり>
竹とつづらふじの材料取りから仕上げまでを一貫して行い、
サイズ感や使い勝手など細部にまで、信念をもって、大分県で籠を作り続けています。

力強さと洗練されたデザイン性を兼ね備え、
磨いた青竹とつづらふじを使用した完成度の高いかごの数々は
桐山さん独自の哲学から生まれています。


サイズ/重量
高さ約55cm、口の直径約31cm、底の直径約18cm/950g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 70,000円(税込77,000円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週木、金、土曜日       (月1回日曜日も営業) 店舗営業時間:11:00-16:00

月、火、水曜は店舗はお休みですが、 お電話での対応等いたします。

<店にお越しいただける卸先のお客様へ> 一般のお客様と曜日を分けております。事前にご連絡いただき、可能な限り、月曜、火曜にお越しいただきますようお願い申し上げます。(月、火が難しい場合はご相談くださいませ。)

そのほうがゆっくりとご相談できますので、勝手を申し上げて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
2020年5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
上へ