竹かごや 市川商店

大分県真竹 茶こし 小・中・大 3サイズ

大分県には日本で今やほとんどなくなってしまった
竹職人を育成する機関「竹工芸・訓練支援センター」があります。
別府市が竹細工では昔から有名で、数多くの職人がこの地から、
竹の世界へ飛び込んでいます。

その大分県では、新しい人材が竹の世界へ飛び込む一方、
昔から、生活道具の部類に入る竹細工を長く続けている方々もいます。
ほとんどの方がご高齢になられ、続けていらっしゃる方もごく少数になっていますが、
今でも昔と変わらない生活の道具を作られています。

こちらは、その中でも、緑茶や紅茶等の茶葉を漉すための道具「茶こし」です。
小・中・大の3サイズです。


その名の通りですが、茶葉をこの「茶こし」の中に入れ、お湯を注ぎます。
竹や籐は熱や一時的な水に強いだけでなく、金物類に比べ熱伝導率が低いため、
熱湯を注いだとしても、持ち手が熱くて持てなくなることはありません。

3サイズとも作りは同じです。
全体のかご部分は竹で編んであります。


縦骨は少し幅が広めのものを使っています。
横の細いひごは青い表皮と白っぽく見える一枚内側の肉部分のひごを
交互にまわしています。


縁は竹ではあく、肉厚で柔らかさのある籐(とう)を使っています。


編まれたかごの上の部分を、内側は竹で、外側は半割りした籐で挟んでいます。


縁の外側にぐるっとまわした籐がそのまま持ち手につながっています。
同じく細い籐で、かごと持ち手部分もしっかりと縛って留めています。


持ち手は半割にした太めの籐が合わさることで、できています。
同様に細い籐で縛り留めています。

底は大分県ではよく使われる編み方「菊底編み(きくぞこあみ)」という技法です。


外側は細い籐を縁にひっかけ、十字に吊ることで、かごを支えています。


それでは3サイズを順にご紹介します。
こちらは一番小さい小サイズです。


直径約7cmで、高さ8cmほどです。日本茶を飲む湯呑にすっぽり入ります。
それより直径の大きいコップであれば、使えます。


こちらは上部内径7cm、底部内径3cm、高さ7cmほどの湯呑に
小サイズの茶こしを入れた様子です。


次に真ん中の中サイズです。


直径約8cmで高さ9cmほどです。


こちらは上部内径8cmほど、底部内径5cmほど、高さ7cmほどのフリーカップに
中サイズの茶こしを入れた様子です。


高さは少し頭が出ていますが、茶こしの下部は底についていますので、
茶こしとしての機能は果たしています。

最後は一番大きな大サイズです。


ざる部分直径9x高さ10cmほどです。


こちらは上部内径8cm、底部内径5cm、高さ9cmほどのマグカップに
大サイズの茶こしを入れた様子です。


いずれのサイズも湯呑やコップの中に茶葉の入った茶こしをそのまま入れて、
お湯を注ぎ、味が浸み出るまでお好みの時間、浸水させて使います。

この茶こしの仕様として、縁から持ち手の部分にかけて、籐を少し折って、作っています。


そのため、ここが一番壊れやすい箇所です。
重い容量のものを入れた状態で、持ち手のみ強く振ったりすると、折れやすくなります。
湯切りのために茶こしを振ったりする場合は、縁の丸い部分を持って、振るといいです。

使い終わったら、かごをひっくり返し、水を流しながら、
外側からたわしでシャカシャカと水洗いしてもらえると、茶葉も落ちていきます。
洗剤は油物など入れなければ、通常は不要です。

このような小さいざるは作るのに、大きいものより、手が入りにくかったり、
ひごが繊細だったりして、編みにくく、価格も高くしにくいため、
職人の多くは作りたがらない傾向にあります。
こちらの茶こしは高齢の女性お一人が昔からの仕事を続けてくださっています。

竹製の茶こしは軽くて、食器への当たりも柔らかいです。
ティータイムの準備の景色まで、一緒に楽しませてくれそうです。
小・中・大の3サイズ、お好みの大きさをお選びくださいませ。



サイズ/重量
小サイズ:ざる部分直径約7x高さ8cm、柄付全長16cm/20g以下
中サイズ:ざる部分直径約8x高さ9cm、柄付全長17cm/20g
大サイズ:ざる部分直径約9x高さ10cm、柄付全長18cm/20g

小さく繊細な商品のため、少々のひご折れや少々すき間が開いているもの、
ざる部分のゆがみやたわみ、持ち手接続部分のひび割れ、細かいひげなどがございます。
商品使用にあたり、問題がないものに関しては、通常通りお届けいたします。
あらかじめご了承いただけると幸いです。

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ざるは縁から壊れやすいので、洗い終わった後に縁をたたきつけたりしないよう、
 お気をつけください。
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 1,000円(税込1,100円)〜1,200円(税込1,320円)
小サイズ(直径約7cm)中サイズ(直径約8cm)大サイズ(直径約9cm)
サイズ

サイズ
小サイズ(直径約7cm)中サイズ(直径約8cm)大サイズ(直径約9cm)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週木、金、土曜日       (月1回日曜日も営業) 店舗営業時間:11:00-16:00

月、火、水曜は店舗はお休みですが、 お電話での対応等いたします。

<店にお越しいただける卸先のお客様へ> 一般のお客様と曜日を分けております。事前にご連絡いただき、可能な限り、月曜、火曜にお越しいただきますようお願い申し上げます。(月、火が難しい場合はご相談くださいませ。)

そのほうがゆっくりとご相談できますので、勝手を申し上げて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
2020年5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
上へ