竹かごや 市川商店

岩手県サルナシ&ヤナギ 面岸箕 二尺二寸〜尺 7サイズ

この独特の色味と末広がりの形、
特徴的な岩手県一戸町面岸(おもぎし)集落で伝統的に作られる箕です。
その歴史ははっきりはしていませんが、江戸時代には生産が確認されており、
昭和40年頃までは集落全員が箕作りに携わっていたといいます。

かごやざるの材料としては聞きなれない素材を使って作られています。
サルナシ、ヤマネコヤナギ、ヤマザクラ、根曲竹という4種類の植物から作られています。
サルナシ(ニギョウ)は生物学的にはマタタビの仲間となり、
果実は「コクワ」とも呼ばれ、甘酸っぱいキウイのような味です。

4種類の材料採取時期は、サルナシが一番早く5月ごろです。
ヤマネコヤナギやヤマザクラの樹皮は梅雨時期の6月から7月に採取します。
樹皮は木が水分を含んでいる方が剥がしやすいからです。
縁の根曲竹は産地では山菜の筍としても利用されていますが、
箕に使うものは3、4年のものを選び、晩秋から冬にかけて、採取しておきます。

使い方としては、他の地域同様、お米・麦、小豆やそばの実に加えて、
稗(ひえ)や粟(あわ)などの雑穀や、ゴマの実などを振って、選別するためにも使われていました。

昔は実用の箕のサイズはもっと大きく、
二尺九寸(奥行約88cm)、二尺六寸(奥行約79cm)、二尺三寸(奥行約70cm)
などがありました。残念ながら、現在、このようなサイズは作られていません。

こちらのページでは現在作られる、二尺二寸(奥行約67cm、横幅約102cm)というサイズから、
尺(奥行約30cm、横幅約49cm)というサイズまで、二寸(約6cm)違いの7サイズをご紹介します。


産地では、一番大きな二尺二寸と二尺サイズが「実用箕」とされ、
尺八寸から下のサイズは「民芸箕」と呼ばれています。
民芸箕は飾ったり、ご家庭の中で使うようなサイズのものを指します。
現代においては、その民芸箕でも大きく感じます。


ちなみにこの産地のサイズの表記は横幅ではなく、奥行の長さでサイズを呼びます。
ですから、二尺サイズと言ったら、縦の奥行が約60cmあるということです。


横幅は90cmほどありますので、とても大きいということがわかります。


7サイズ、実用箕と民芸箕の違いはあるものの、おおよそ作りは同じです。
細かい雑穀も漏らさずに選別できるような箕ですから、すき間のない編み目が続きます。


横を編んでいるのは、サルナシです。
サルナシの木の枝の皮をむき、ドラム缶を使って、蒸します。
それを天日で乾燥させることで、他にはないこの赤茶色の風合いになります。


縦はヤマネコヤナギ(バッコヤナギ)の樹皮を剥いだものです。
表皮ではなく、二枚皮と言って、一枚内側の皮を使います。

この二つの素材がしっかりと噛みあって、編み目を構成しています。
先端部分もピシっと一列に決まっています。


この箕で一番ざらざらと穀物を転がしたり、揺すったりして消耗するのは、
この奥の部分です。そこにはヤマザクラの皮が補強で入れられています。


奥の部分の両端はこのようにあじろ編みで折り重ねています。
かごやざると違う、2つのパートを折り重ねる箕の特徴的な部分です。


裏返すと、背中部分が内側に織り込まれているのがわかります。


縁には2本の根曲竹を使っています。
その2本の根曲竹で編み目を挟む形です。


挟んだら、それをまたサルナシでぎっちり巻き締めていきます。


手で持つようなところは全て、すき間なく巻いていきます。
先端部に行くと、根曲竹が見えます。


そして、面岸箕のもう一つの特徴はこの先端部の穴が開いている部分です。


こちらは産地で目を意味する「マナグ」と呼びます。
選別した穀物を袋に入れたりするときにこの穴から流すのです。よく考えられています。
民芸箕のサイズにも同じ仕様でつけられています。

それでは、7サイズを順番にご紹介していきます。
こちらは一番大きな二尺二寸サイズです。現在作られる最大サイズです。


横幅102cmほどで、奥行が67cmほどです。


次は二尺サイズです。


横幅が98cmほどで、奥行が約60cmです。


ここまでを実用の箕と呼び、ここから下のサイズは民芸箕の部類に入ります。
実用箕と民芸箕の作りの違いはこの先端部にあります。
右側の民芸箕の方には奥だけでなく、先端部にも桜の皮がデザインで入っています。
目で楽しめるような工夫がされています。


それでは、民芸箕サイズの中では一番大きな尺八寸サイズです。


横幅約78cm、奥行が54cmほどです。十分大きいサイズです。飾ると迫力あります。


続いて、こちらは尺六寸サイズです。


横幅約68cm、奥行が48cmほどです。


次に尺四寸サイズです。


横幅約60cm、奥行が42cmほどです。


そして、こちらが尺二寸サイズです。


横幅約52cm、奥行が36cmほどです。


最後は一番小さい尺サイズです。


横幅約49cm、奥行が30cmほどです。


この面岸の箕の特徴は色味はもちろんですが、この大きさにしては大変軽いです。
また、あたりが柔らかいため、収穫物を傷めにくいです。

最近では、実用はもちろんですが、箕は末広がりの形で縁起物としての位置づけられていることから、
このコクのある存在感でインテリアとして飾られる方もいらっしゃいます。


飾る際の向きはどのようにしても大丈夫です。
小さいサイズでしたら、果物や野菜などをのせるかごのようにお使いいただいてもいいですし、
大きいサイズは壁に飾ってもいいですね。口を上にして、花を生けても良さそうです。

もちろんお店の陳列にもいいと思います。食べ物や商品を乗せるのに箕はとても使いやすいです。
他にはない本格的な店舗陳列になることは間違いありません。

どのように飾ってもこの箕の広がりと色味から出る存在感は他にはないものを持っています。
お好みのサイズをお選びください。



サイズ/重量
二尺二寸:横幅101x奥行67x高さ16cm/900g
二尺  :横幅86x奥行60x高さ15cm/870g
尺八寸 :横幅78x奥行54x高さ14cm/650g
尺六寸 :横幅68x奥行48x高さ13cm/560g
尺四寸 :横幅60x奥行42x高さ12cm/470g
尺二寸 :横幅52x奥行36x高さ11cm/330g
尺   :横幅48x奥行30x高さ10cm/250g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 18,000円(税込19,800円)〜55,000円(税込60,500円)
二尺二寸(横102cm)二尺(横98cm)尺八寸(横78cm)尺六寸(横68cm)尺四寸(横60cm)尺二寸(横52cm)尺(横49cm)
サイズ

サイズ
二尺二寸(横102cm)二尺(横98cm)尺八寸(横78cm)尺六寸(横68cm)尺四寸(横60cm)尺二寸(横52cm)尺(横49cm)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週木、金、土曜日       (月1回日曜日も営業) 店舗営業時間:11:00-16:00

月、火、水曜は店舗はお休みですが、 お電話での対応等いたします。

<店にお越しいただける卸先のお客様へ> 一般のお客様と曜日を分けております。事前にご連絡いただき、可能な限り、月曜、火曜にお越しいただきますようお願い申し上げます。(月、火が難しい場合はご相談くださいませ。)

そのほうがゆっくりとご相談できますので、勝手を申し上げて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
2020年5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
上へ