竹かごや 市川商店

茨城県真竹 塩かご(収納かご)正方形/長方形 2タイプ

大相撲をご覧になったことがあれば、塩をまく力士の姿がすぐにご想像いただけると思います。
その力士は塩をこの「塩かご」から、手に取り、土俵にまきます。

大相撲はその昔、その年の収穫を占う一つの儀式として行われていたとされています。
その歴史は古く1500年以上前に遡ります。
塩をまくことにはこれから相撲を取る神聖な場を清めるという意味があり、
また、どこまで効果があるかはわかりませんが、
相撲の性質上、擦り傷の多い力士への消毒の意味もあったそうです。

そのいわば、長く続いてきた伝統文化のまさに一端を担っているのが、竹で作られた塩かごです。
左の正方形のものが実際に大相撲で使われているもので、写真右はその本来の塩かごの形を
そのままに、横に引き伸ばして長方形にしてもらったかごです。


弊店では、まさに現在大相撲で使われている塩かごを作っている職人に、
このかごをいただいてきております。
全国のすべての場所で現在のこの職人のかごを使用しているかはわかりませんが、
多くの大相撲の土俵でこの職人の作ったものが使われているはずです。

この塩かごがいつからこの形として、この竹をベースとして、
縁巻きは籐(とう)になったのか、はっきりしたことはわかっておりません。
籐(とう)自体は日本ではほとんど自生しておらず、
竹細工で使用するそのほとんどをインドネシアから輸入しています。

ですから、もともとは塩かごも竹だけですべて仕上げられていたかもしれませんし、
はたまた籐とは別の素材を使って、仕上げられていた可能性もあります。
これは現在作っている職人も先輩から受け継いだときにはこの形だったため、
元来の塩かごの形などの歴史については、詳しくわからないとのことでした。

この大相撲でも使われる塩かごのつくりは、
小さいかごとはいえ、丈夫さに重きがおかれている作りです。


側面の編み目はシンプルなござ目編みという編み方です。


ポイントはこの縁部分です。このかごの大きさにしては、縁のひごも厚めに、幅も広くとられています。


縁の上にもう一つ細い竹がぐるりと回されていて、
そこに籐がすき間なく、ぎっちりとまかれています。


さらに縁を持った時、重さで抜けないように、各面に二本ずつ籐が底を回って吊ってあります。
縁が合わさるところには業務用ならでは、簡潔に釘が打たれています。


底を支える補強の籐が走っているのがわかります。


比較的小さめなかごのサイズでこういった丈夫な作りをするのは、
使われる場面がはっきりしているからです。

幕内力士からしか塩をまかないとはいえ、
一日の取り組みで45kg、千秋楽までで考えると650kgほどの塩をが使われているそうです。
そして、取り組みの中で、このかごに力士の体が当たらないとも限りません。
ちょっとやそっとではびくともしない作りがここにあります。

ご家庭での使用に引きつけて考えてみると、
このようながっちりとした正方形の小さいかごは現在少なく、
家の中にあるいろいろなものが入れられそうです。

それでは、2サイズをご紹介していきます。
こちらは本来の塩かごタイプです。


上から見るとほぼ正方形です。
昔の寸法で七寸(約21cm)x七寸(約21cm)で高さは10cm程度です。
大人の手のひらを目いっぱい伸ばした程度の寸法です。


ジャムや飲み物のビン・カン類の重さのあるもののストックかごでも大丈夫ですし、
ハンカチやハンドタオル類をまとめておくかごとしてもよいサイズ感です。

日々使う、体温計や薬類や充電器類など細々したものを入れ、
リビングと寝室の通いかごにしてもいいですよね。
がっちりしてますので、お子さんが荒っぽく扱っても大丈夫ですよ。

続いてこちらは、塩かごの丈夫な作りはそのままに横に引き伸ばしてもらった長方形のかごです。


昔の寸法で七寸(約21cm)×尺(約30cm)の長方形で同じく高さは10cm程度です。


こちらの長方形タイプは、パスタやうどん、そばにそうめんなどを横置きでストックできたり、
キッチン周辺の出汁や乾物類を並べて入れたり、
にんじん、玉ねぎ、じゃがいも等の根菜類をごろごろ入れて置いたりするのに大活躍してくれます。
泥や砂が気になる場合は新聞紙などを敷くといいですよ。

こういった四角いタイプのかごは並べて使うのもよさそうですよね。
皆さんの生活に合わせて、たくさんの使い方が見つけられそうです。

本来の使い方はもちろんですが、
職人さんも人それぞれ自由な使い方を楽しんでほしいとのこと、
ぜひ、日々の生活に取り入れてみてくださいね。
お好みの形をお選びくださいませ。


<茨城県の竹職人>
茨城県には熟練の竹職人がまだ数人残っており、
後進の育成をしつつ、現在も仕事に取り組んでらっしゃいます。

かつて、竹製品が当然のように暮らしの道具であった時代に、
親御さんから受け継いだ方もいらっしゃれば、
東京の竹工所などでお仕事をされ、技術を磨いた方も多くいらっしゃいました。

昔ながらの職人気質が残っていながらも、
気優しい方が多く、弊店も大変お世話になっております。
そんな昔の職人さんは基本的には「何でも」作れる方が多く、
荒物から竹工芸まで竹細工の様々な「モノの作り方」をご存知です。


サイズ/重量
正方形タイプ:約21x21x高さ10cm/240g
長方形タイプ:約21x30x高さ10cm/320g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 10,000円(税込11,000円)〜13,000円(税込14,300円)
正方形タイプ長方形タイプ
タイプ

タイプ
正方形タイプ長方形タイプ

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週木、金、土曜日       (月1回日曜日も営業) 店舗営業時間:11:00-16:00

月、火、水曜は店舗はお休みですが、 お電話での対応等いたします。

<店にお越しいただける卸先のお客様へ> 一般のお客様と曜日を分けております。事前にご連絡いただき、可能な限り、月曜、火曜にお越しいただきますようお願い申し上げます。(月、火が難しい場合はご相談くださいませ。)

そのほうがゆっくりとご相談できますので、勝手を申し上げて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
2020年8月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
上へ