竹かごや 市川商店

山形県くるみ 扇ハンドルbasket

東北地方の中でも南東北の西側、日本海に面する山形県。
その山形県の南部は、海には接しておらず、内陸に位置しています。
山が連なり、その山間に町が形成されてきました。
町のほとんどの面積を山が占めているような地域では、
冬になると雪も多く、農家の冬仕事として樹皮細工や蔓細工の文化が育まれてきました。

一方、その土地の文化を踏襲しながら、
また、世界の様々な土地で作られるかご文化を取り入れつつ、
新しい感覚でかごを作り続ける人もいます。
ノスタルジックでいて、野趣あふれる独特の感性から作られる、
様々な造形のかごは不思議と気品をも感じさせてくれます。

その中でもこちらは、大胆に幅広に裂いたくるみ樹皮で編まれた手提げです。


全体は色の淡い表皮を外側にして、ざっくりと編まれています。


山にある自生するくるみの樹皮感をまさにそのまま感じることができます。
表皮の薄皮がはがれているところをあえて見えるところに持ってきています。
それがありのままの山にある姿だと、真正面からその真実が伝わってきます。


底部分も同様の編み目で構成されています。


縁部分もその幅の広い表皮がそのまま織り込まれています。


内側に目をやると、こげ茶色の裏皮の様子もよくわかります。


くるみ樹皮の良いところは、しっかりと水分を含ませてから加工すれば、
この角度で織り込むことができるということです。粘り強い素材です。


持ち手の部分も幅広のくるみの樹皮を、細くした同じくるみの樹皮で巻き留める形です。
その時にできる持ち手とかごの空間が「扇型(おうぎがた)」になっています。


飾り気こそないかもしれませんが、かごの作りとしてはこの幅の広いひごを
そのまま持ち手に持っていっているので、豪快で堅実と言えます。
また、握ってみると、若干巻きつけるひごに揺れはあるものの、
両方の持ち手を内側に寄せているため、握り始めもとても楽で、
握ってみると手への収まりが良いことに気が付きます。


両サイドの口がしっかりと開いているため、持ち手部分は狭くても、
物の出し入れは案外しやすくなっています。
容量としてはかごの内寸横幅が約26cmほどで、奥行が12cm程度に、
高さが一番浅いところで12cmあります。長財布を含めたおでかけには小ぶりでちょうど良いサイズです。


まさにkegoyaのかごづくりのテーマである「編みたての古かご」を感じさせてくれます。
それでいて、現代の女性が実用的にも使いやすいサイズなのが、グッときます。
外出されないときには部屋の見えるところに置くだけで雰囲気が出ます。


<kegoya(木小屋)のかご作り>
山形県南部の方言で作業小屋を指すこの言葉を屋号に掲げ、
再生しやすいあけび蔓やくるみの樹皮をメインに使って、
日用品としてのかごを作り続けている熊谷茜さん。

「編みたての古かご」という、作りたてなのにどこか味のあるかごの数々。
傷や風合いは山育ちの表情とし、ざっくり感で手仕事の痕跡を示します。
見たことのない造形や仕上げを研究し続け、また、生み出していながら、
現代の暮らしにもいつの間にか馴染んでしまうのが、kegoyaのかごです。


サイズ/重量
32x14x高さ18(持ち手つき高さ26)cm/380g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 40,000円(税込44,000円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週木、金、土曜日       (月1回日曜日も営業) 店舗営業時間:11:00-16:00

月、火、水曜は店舗はお休みですが、 お電話での対応等いたします。

<店にお越しいただける卸先のお客様へ> 一般のお客様と曜日を分けております。事前にご連絡いただき、可能な限り、月曜、火曜にお越しいただきますようお願い申し上げます。(月、火が難しい場合はご相談くださいませ。)

そのほうがゆっくりとご相談できますので、勝手を申し上げて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
2020年5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
上へ