竹かごや 市川商店

山形県くるみ tall basket(裏皮・太マス)

東北地方の中でも南東北の西側、日本海に面する山形県。
その山形県の南部は、海には接しておらず、内陸に位置しています。
山が連なり、その山間に町が形成されてきました。
町のほとんどの面積を山が占めているような地域では、
冬になると雪も多く、農家の冬仕事として樹皮細工や蔓細工の文化が育まれてきました。

一方、その土地の文化を踏襲しながら、
また、世界の様々な土地で作られるかご文化を取り入れつつ、
新しい感覚でかごを作り続ける人もいます。
ノスタルジックでいて、野趣あふれる独特の感性から作られる、
様々な造形のかごは不思議と気品をも感じさせてくれます。

その中でもこちらは、くるみ樹皮で編まれた手提げです。
縦に長く、背が高いタイプです。


全体はこげ茶色の裏皮を外側にして、
2.5cm〜3cmほどの幅にした太めのひごで、マス目状に編まれています。


山で自生するくるみを見ても、この裏皮の様子はわかりません。
水分を十分に含んだ適切な梅雨時期に樹皮を剥がし、
下処理をして、編まれてかごになって初めて、私たちの目の前に出てくるものです。
その裏皮を存分に楽しむことができます。


底部分も同様に裏皮を外側にして編んであります。


縁部分です。縁部分も同様にこげ茶色の裏皮を外側にしています。
縁の下には2本ステッチも入っています。


縁作りを上から見ると、細くしたひごを両サイドから編みこんでいる様子がわかります。


持ち手とかごをつないでいるのは、太いあけび蔓です。
何本ものあけび蔓の束を縁に巻きつけて留めています。


あけび蔓細工もする彼女ならでは、適材適所で材を使い分けています。


持ち手の部分はその太いあけび蔓をねじりながら、アーチ状にしています。


かごの内寸は底の横幅が約26cmほどで、奥行が14cm程度に、高さが約30cmです。


kegoyaラインナップの中でくるみを使って作られるかごとしては、大ぶりと言えます。
特に背が高いため、書類等を縦に入れられるのはうれしい仕様です。

編み目の太さといい、シルエットといい、しっかりとした存在感があります。
そこにあるだけでよい雰囲気を醸してくれるのは、シンプルな暮らしの中での
上質な楽しみになります。実際のかぐわしいくるみも合わせてお楽しみください。


<kegoya(木小屋)のかご作り>
山形県南部の方言で作業小屋を指すこの言葉を屋号に掲げ、
再生しやすいあけび蔓やくるみの樹皮をメインに使って、
日用品としてのかごを作り続けている熊谷茜さん。

「編みたての古かご」という、作りたてなのにどこか味のあるかごの数々。
傷や風合いは山育ちの表情とし、ざっくり感で手仕事の痕跡を示します。
見たことのない造形や仕上げを研究し続け、また、生み出していながら、
現代の暮らしにもいつの間にか馴染んでしまうのが、kegoyaのかごです。


サイズ/重量
口の横幅約29cmx奥行16x高さ32(持ち手つき高さ45)cm/700g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 42,000円(税込46,200円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週木、金、土曜日       (月1回日曜日も営業) 店舗営業時間:11:00-16:00

月、火、水曜は店舗はお休みですが、 お電話での対応等いたします。

<店にお越しいただける卸先のお客様へ> 一般のお客様と曜日を分けております。事前にご連絡いただき、可能な限り、月曜、火曜にお越しいただきますようお願い申し上げます。(月、火が難しい場合はご相談くださいませ。)

そのほうがゆっくりとご相談できますので、勝手を申し上げて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
2020年5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
上へ