竹かごや 市川商店

大分県真竹 角型パンかご(つまみ付き)

こちらは青い真竹に「みがき」をかけたひごで編み上げた比較的小ぶりなかごです。
かご自体は竹とつづらふじで仕上げていて、角型パンかごと名付けられています。


「みがき」とは青竹の表皮を薄く一枚、刃物で削ぐ技法のことを言います。
みがくことで、表皮についた傷や斑点が見えにくくなり、
艶も出てくるため、見た目がより美しくなります。

「磨き」に対する言葉として、表皮がついたまま編んだものを「皮つき」と
呼んだりすることもあります。

底は四角形を作る「四ツ目編み」という編み方でさっぱりと仕上げてあります。
焼き立てのパンの熱気を逃がしてくれそうです。


裏返してみると、もはや「桐山印」とも言える、
上下左右、斜めに力竹(ちからだけ)が交差する底づくりです。
軽いパンを載せるためのたった27cm角のかごにも、
この丈夫な底づくりになっていることに驚きを隠せません。


角の部分はしっかり力竹で守られています。


縁づくりも、磨いた竹につづらふじ縛りでかっちりと決まっています。


硬い竹を熱を使い、きれいに曲げ、四角形を作っています。


そして、今回のこのかごの注目すべきところは、こちらの「つまみ」部分です。
このつまみは縁作りの一部に組み込まれています。


ふっくらと曲げた縁と同じ幅の竹を、縁と一緒につづらふじと一緒に留めています。


正面から見たら、その存在に気が付かないほど、
正確に、そして違和感なく入っています。


このつまみがついていることで、力強い黄金比で作られたかごにキュートさが加わります。
お二人分くらいのパンを載せるのにちょうどよいくらいのサイズです。

温めたパンを載せても、下の編み目も大きいため、蒸れにくいです。
使い終わったら、パンくずを払ったり、汚れがついていたら、水洗いして水を切り、
S字フックなどにさっとかけられるのも使い勝手よさそうです。
こんな作りのかごがキッチンにかかっていると想像すると、口元が緩みます。


<桐山浩実さんの籠づくり>
竹とつづらふじの材料取りから仕上げまでを一貫して行い、
サイズ感や使い勝手など細部にまで、信念をもって、大分県で籠を作り続けています。

力強さと洗練されたデザイン性を兼ね備え、
磨いた青竹とつづらふじを使用した完成度の高いかごの数々は
桐山さん独自の哲学から生まれています。


サイズ/重量
約27x27(摘み部分+1cm)x高さ7cm/320g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 18,000円(税込19,800円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週木、金、土曜日       (月1回日曜日も営業) 店舗営業時間:11:00-16:00

月、火、水曜は店舗はお休みですが、 お電話での対応等いたします。

<店にお越しいただける卸先のお客様へ> 一般のお客様と曜日を分けております。事前にご連絡いただき、可能な限り、月曜、火曜にお越しいただきますようお願い申し上げます。(月、火が難しい場合はご相談くださいませ。)

そのほうがゆっくりとご相談できますので、勝手を申し上げて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
2020年5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
上へ