竹かごや 市川商店

大分県真竹 手つきテーブルバスケット 四角 ミニ

こちらは青い真竹に「みがき」をかけたひごで編み上げた小ぶりなかごです。
かご自体は竹とつづらふじで仕上げていて、テーブルバスケットと名付けられています。
テーブルバスケットシリーズの中でも一番小さいミニサイズです。


「みがき」とは青竹の表皮を薄く一枚、刃物で削ぐ技法のことを言います。
みがくことで、表皮についた傷や斑点が見えにくくなり、
艶も出てくるため、見た目がより美しくなります。

「磨き」に対する言葉として、表皮がついたまま編んだものを「皮つき」と
呼んだりすることもあります。

側面は縦骨に横ひごを規則的にまわし編んでいく、ござ目編みという編み方で、編んでいます。


縁も磨いた竹につづらふじ縛りでかっちりと決まっています。


硬い竹を熱を使い、きれいに曲げ、四角形を作っています。


持ち手部分とかご本体をつなげているのは「竹釘(たけくぎ)」と「つづらふじ」の蔓です。
小さいかごの為、すっきりと仕上げになっています。


内側もすっきりしています。とはいえ、持ち手の竹は、底まで通っていますので、安心です。


持ち手は2cm弱の幅の竹を、薄くしたものを両サイドに渡しています。


底の内寸は16cmx16cmほど、高さは約5cmです。


存在感はしっかりとありますが、ご家庭のテーブルにあっても邪魔にならないサイズです。
よく卓上で使う、醤油や胡椒などの調味料や爪楊枝などを入れておくのにちょうど良いです。

その他、携帯電話やメガネケースなどを入れて、運んだりするのにもちょうど良いです。
リビングと寝室の通いかごとして使ってみるのもよさそうです。
また、玄関のキーケース入れなど小物収納でも使う場面が多そうです。

大きなかごとまったく遜色のない作りです。
ぜひ、身近で手に届くところでお使いいただけたらと思います。


<桐山浩実さんの籠づくり>
竹とつづらふじの材料取りから仕上げまでを一貫して行い、
サイズ感や使い勝手など細部にまで、信念をもって、大分県で籠を作り続けています。

力強さと洗練されたデザイン性を兼ね備え、
磨いた青竹とつづらふじを使用した完成度の高いかごの数々は
桐山さん独自の哲学から生まれています。


サイズ/重量
約22x22x高さ7(持ち手付き高さ28)cm/320g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 18,000円(税込19,800円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週木、金、土曜日       (月1回日曜日も営業) 店舗営業時間:11:00-16:00

月、火、水曜は店舗はお休みですが、 お電話での対応等いたします。

<店にお越しいただける卸先のお客様へ> 一般のお客様と曜日を分けております。事前にご連絡いただき、可能な限り、月曜、火曜にお越しいただきますようお願い申し上げます。(月、火が難しい場合はご相談くださいませ。)

そのほうがゆっくりとご相談できますので、勝手を申し上げて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
2020年5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
上へ