竹かごや 市川商店

福島県根曲竹 椀かご 小・中・大・特大(脱衣かご)4サイズ

福島県の喜多方市雄国地区の根曲竹細工では、その部落ごとに作るものが違っていました。
ある部落はざる専門、またある部落はかご専門といったように。

ニッコウキスゲの大群落のある雄国沼周辺で採る根曲竹は、通称で竹とは言っていますが、
直径は5〜8mmしかなく、寒く雪深い山など高いところに育つ笹の1種です。

江戸時代の初めのころから、この根曲竹をナタだけで加工・細工してあみ上げ、
日常生活で使うざるやかごなどの道具を作っていました。
この地域での竹細工は、農作業の手があいた時期の収入を得る大切な仕事でした。

その中でもかごをよく作っていた部落にお住まいの職人さんにお願いした
当店オリジナルサイズの根曲竹の椀かごです。
一番大きなサイズは脱衣かごとして、職人さんが自ら作られたサイズも合わせると、
全部で4サイズあります。


雄国の根曲竹細工は素朴で無骨、そして頑丈です。
幅をあまりそろえすぎずに、ひごを厚くとったり、
縁に半割にしただけの根曲竹をそのまま使用したりします。

人の好きな形に思いのままにするというよりは、
雄国沼周辺の雪の重みで曲がった、力強く強靭な根曲竹の性格をそのまま利用して、
あとは人の手で形を作っていきます。
編み上げた形はいびつさがあるものの、がっちりと決まるのが大きな特徴です。


また、椀かごや茶碗かごなどと言われるこのかごは、
以前はいわゆる「水切りかご」として使われていたことと思います。

しかし、現在の台所においては、天板が昔のように木製ではなくステンレスだったり、
高気密であまり通気しない環境だったりと、水分の行き場がかごに集まってしまうことで、
食器を置くかごの底部分や、高台の底の縁部分にカビが生える原因になってしまいます。

そのため、この椀かごはよく使う食器や湯のみなどを洗い、
拭いた後にスタンバイ状態で伏せておくかごとして、
シンクの横というよりは、台所の定位置に置いておくような形でご提案しています。

もちろん、水切りかごとしてお使いいただくこともできますが、
ご自宅の台所の環境をよくご確認いただき、十分に風が通る環境や工夫、
かご自体の水分を良くふき取るなどのケアが大切です。

4種類とも作り方はおおよそ同じです。
全体は六角形をかたどる六つ目編みをベースに作られています。


六つ目編みの中心にもう一本横にひごを通す、通称「目つぶし」と言われる編み方です。
六つ目編みよりもひごの数が増える為、より丈夫になります。


側面と同様に底部分も六つ目編みの目つぶしで編まれています。


底部分の補強の力竹(ちからだけ)は、小サイズのみ1本で、
中サイズ以上はそれぞれ2本ずつ入っています。
(材料の状況により本数が変わることがありますので、ご了承くださいませ。)


椀かごですので、裏返すとこのように底上げの仕様になっています。
こうすることで、下の通気が取れ、食器が乾きやすくなります。


そして、この椀かごをとても丈夫にしている、
と同時に一番手間がかかっている部分はこの縁の部分です。


これも通称「千段巻き」などと呼び、できるだけすき間なく縁巻きをする技法です。
この縁も若い根曲竹の表皮を巻きつけています。根曲竹のしなやかさがわかります。


かごやざるは手で持ったりするときに負担のかかる縁から壊れることが多いです。
それを見越して、このかごの底部分の縁巻きのように簡素な仕上げもあるのですが、
職人さんにお願いをして、この丈夫な縁づくりにしていただきました。
サイズに関わらず、全てこの縁巻きになっています。


それでは、4サイズを順にご紹介していきます。
まずは、小サイズからです。
直径は短いところで約25cmで、長いところは28cmほどです。
全体の高さは15cmほどで、かご部分の高さ約10cmです。


1〜2人分の食器を入れるのにちょうどよさそうです。
ご家族分の湯のみ茶碗やコップだけでしたら、4〜5個は入れられそうです。


次は、中サイズです。
直径は短いところで約31cmで、長いところは34cmほどです。
全体の高さは15cmほどで、かご部分の高さ約12cmです。


2〜4人分の御飯茶碗やお椀やお皿などの食器を置くのにちょうどよさそうです。
湯のみ茶碗やコップだけでしたら、7〜8個は置けそうです。


続いて、こちらは大サイズです。
直径は短いところで約38cmで、長いところは41cmほどです。
全体の高さは18cmほどで、かご部分の高さ約15cmです。


このサイズですと、たっぷりの食器が置けそうです。
かご部分の高さも15cmほどですから、お皿を立てかけたりすることもできそうです。
4人家族くらいでしたら、このかご一つで、全て済んでしまうようなサイズです。
または、お1人用の脱衣かごとしてもいいかもしれません。


最後は特大サイズです。こちらは椀かごというよりは「脱衣かご」でのご提案です。
直径は短いところで約44cmで、長いところは47cmほどです。
全体の高さは19cmほどで、かご部分の高さ約15cmです。


季節にもよりますが、2人分くらいの脱衣かごとしても使えそうです。
果物を入れて、陳列するかごなどとしてもよさそうです。


底上げになっている仕様から、キッチンまわり、テーブルまわりで置いておく
果物かごや野菜かごにも、使い勝手が良いと思います。


曲がりやくせのある根曲竹をそのまま利用する、雄国根曲竹細工の仕様ですと、
2〜3cmの揺れがよく起こりますので、サイズ表記には余裕を持ってみていただけると幸いです。
どうしても収納する場所の横幅や奥行が決まっていたりする場合は、
お問い合わせいただければ、できるだけ在庫の中からご希望に合うようなサイズを
お探しいたしますので、お気軽にご連絡くださいませ。


自然の野趣が感じられる、滋味深い雰囲気の根曲竹で作られた椀かごです。
このかごを持った瞬間に、丈夫な作りだとわかっていただけると思います。
ぜひ、ご自宅に取り入れてみてください。
現代の家にも不思議となじみ、愛嬌のある佇まいで、心を和ませてくれます。



サイズ/重量
前後2〜3cmの寸法の揺れが多い商品ですので、下記は目安です。
小サイズ:直径25〜28cmx高さ15(かご部分高さ10)cm/250g
中サイズ:直径31〜34cmx高さ15(かご部分高さ12)cm/390g
大サイズ:直径38〜41cmx高さ18(かご部分高さ15)cm/540g
特大サイズ(脱衣かご):直径44〜47cmx高さ19(かご部分高さ15)cm/600g

口部分の縁巻きの下に、職人さんの仕様で補強の青いテープ巻きがされています。
縁巻きの間からその青いテープが見えることがあります。
そういった商品仕様となりますので、予めご了承ください。

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 6,000円(税込6,600円)〜13,000円(税込14,300円)
小サイズ中サイズ大サイズ特大サイズ(脱衣かご)
サイズ

サイズ
小サイズ中サイズ大サイズ特大サイズ(脱衣かご)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週木、金、土曜日       (月1回日曜日も営業) 店舗営業時間:11:00-16:00

月、火、水曜は店舗はお休みですが、 お電話での対応等いたします。

<店にお越しいただける卸先のお客様へ> 一般のお客様と曜日を分けております。事前にご連絡いただき、可能な限り、月曜、火曜にお越しいただきますようお願い申し上げます。(月、火が難しい場合はご相談くださいませ。)

そのほうがゆっくりとご相談できますので、勝手を申し上げて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
2020年5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
上へ