竹かごや 市川商店

鹿児島県白竹 三段手付弁当かご

鹿児島県は日本でも有数の竹林保有面積を誇る「竹大国」と言えます。
その半数を占めるのが見るからに生命力に満ちた太い孟宗竹です。
孟宗竹は肉が厚く、細く薄く、長いひごにするのには大変な苦労があります。
その為、竹のヘラ等の調理道具やスプーンなどのカトラリーに加工されることが多いです。

逆にざるやかごなどの編組(へんそ)品は真竹で作られることが多いです。
孟宗竹に比べ、真竹は肉が薄く、格段に細く、薄く、長いひごを作りやすい、
つまり、かごやざるのための材料が作りやすいと言えます。

こちらは、その青い真竹を天日干し、または煮沸などの熱処理にて
竹の油と色を抜いた「白竹」を使って作られた三段の弁当かごです。


お重のような形を通気性がよい竹を編んで作っています。
三段のものは、それぞれのかごを歪みなく作り、
さらにその3つのかごをぴたりと合わせなければならないため、
今や大変珍しく、作り手も少なくなってきています。


基本的な作り方は、他の弁当かごと同様です。
「ひしぎ編み」という九州の白竹でつくる弁当かごによく見られる編み方で、全体を編んでいます。


しかし、この一編み一編みの丁寧さが、高さがでる三段弁当かごでは重要になります。


縁は真鍮釘を使って留めています。


内側でしっかり折り曲げられ、畳み込まれています。


角部分は硬くて、真っすぐな竹を火を使って、直角に近い角度に曲げています。


持ち手も同様に白竹で作られています。平たい1枚のひごを3本に割いています。
両サイドからそれぞれ伸びてくる竹を籐(とう)を使い3か所で留めています。


かごと持ち手は、一番下のかごに真鍮釘を使って、4点で固定していますので、
ぐらつきはありません。


こちらも同様に、しっかり釘の先端は収められています。


3段はこのように分かれます。下段のかごは持ち手とセットです。
全てのかごの内寸は横幅22cmx奥行18cmほどです。


深さは下段が一番深く、10cmほどです。


中段と上段は同じ高さで、6cm程です。


下段、中段、上段ともに、底作りは「いかだ底編み」という編み方です。
重い物を入れる大きなかごの底にも使われる丈夫な編み方です。


三段を重ねるときには、縁部分の節の向きや、真鍮の釘で留められているところを
合わせることで、気持ちよく収まります。


三段の竹の弁当かご、夢がありますよね。
こんなかごに目いっぱいお弁当を詰めて、お出かけできたらと考えると、
とても楽しい気持ちになります。


毎回三段も使えないという場合も大丈夫です。
その完成度の高さから、かごの組み合わせを変えることも可能です。
例えば、こちらは上段と蓋は別の蓋付かごと考えてみたり、


二段で十分な時は、一段抜いてみたり、


上段、中段を抜いて、一段分だけを使うこともできます。


三段だとしても、ご家族やご友人とのピクニックやお散歩で3〜4人分以上と考えると、
あっという間に埋まってしまうことと思います。


各種おかずはもとより、パンを入れていっても蒸れにくいですし、
デザート類をいれてもいいですね。

また、少人数などの場合は三段全て食べ物やおかずで埋めなくても、
スペースに余裕があるようであれば、ナプキンやカトラリー・ディッシュ類、
マグカップやカフェ・ティーセット等を入れてみてはいかがでしょうか。

少ない人数でお使いになる場合も、このかご一つにいろいろと収納できるので、
案外荷物が減ってすっきりするかもしれません。

ご家族の人数や、お弁当の量などは皆さんそれぞれ違うことと思います。
三段をフルで使うことにこだわりすぎずに、
ご自身に合わせた使い方で楽しんでいただければとうれしいです。



サイズ/重量
約24x20x高さ27cm(取手付き 32cm)/740g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。


販売価格 28,000円(税込30,800円)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週木、金、土曜日       (月1回日曜日も営業) 店舗営業時間:11:00-16:00

月、火、水曜は店舗はお休みですが、 お電話での対応等いたします。

<店にお越しいただける卸先のお客様へ> 一般のお客様と曜日を分けております。事前にご連絡いただき、可能な限り、月曜、火曜にお越しいただきますようお願い申し上げます。(月、火が難しい場合はご相談くださいませ。)

そのほうがゆっくりとご相談できますので、勝手を申し上げて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
2020年10月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
上へ