竹かごや 市川商店

富山県淡竹 丸そうけ(水切りざる)小・24cm/中・30cm 2サイズ

富山県では現在、国の重要無形民俗文化財として、
論田・熊無地区の藤箕や高岡市の菅笠製作など、手仕事の技術が認められています。

同じ富山県に昔から青竹細工をする方々がいらっしゃり、
今も日本海側の稲作文化を支えてきたざるを作っておられます。

産地で「そうけ」と言われるこれらのざるは、通常もっとサイズが大きく、
元々は米揚げざるとして使われており、お米や穀物を洗い、水を切るための道具です。
片口が開いているタイプはいくつものサイズあります。

富山県のそうけは通常、口に向かってざるの形が絞られていく「しずく型」タイプが多いのですが、
こちらはシンプルな深くて丸いざるで産地では「丸そうけ」と呼ばれています。


サイズはご家庭用の台所でも使いやすい直径約24cmと約30cmの2サイズです。


2サイズとも仕様は同じです。
編み目は一番シンプルな縦骨に細い横ひごをかけていく、ゴザ目編みです。
編みこんである部分は淡竹(はちく)を使用しています。


裏返すと、艶のある表皮が見えます。端正な編みが続きます。


縁は真竹を使い、「当て縁(あてぶち)仕上げ」で仕上げています。


10年は錆びないといわれるステンレス針金で留めています。


背中を見てみると、縦骨が折り返されて、縁にかっちりと挟まれています。


こちらは小サイズは直径24cm程です。


麺で言うと100g〜200g程度用です。
お米でいうと2合〜3合程度入れることができます。
実際にこの中で洗ったりするとなると少し手狭かもしれませんが、
容量としてはそのくらいの量の水切りができます。


中サイズは直径30cm程です。


お米で言うと3合用です。
麺で言うと茹でた麺を400gくらいでしたら、
ざざーっとざるに流して湯切りできます。


昨今はどこのご家庭にもあったような、
シンプルな少し深めで丸いざるを国内で作っている方は、実に少なくなっています。
この深さがあることで、台所まわりで使える範囲がぐっと広がります。


台所まわりでお米や穀物、野菜の水切りはもちろん、麺類の水切りも問題ありません。
ぶどうやいちごなどの果物もこのざるで洗って、そのままどさっと出しても良いです。
水垂れが気になる方は、下に小皿などをしくと良いと思います。

無駄な部分がそぎ落とされている分、
竹の本来の青みや潔さのようなものが際立ちます。
ざる自体には雑味がない分、色のある野菜や果物が良く映えます。

毎日使ってもびくともしません。
専門的に何十年もざる作りをしている方々の確かな腕、
このざるをお使いになったら、きっと感じていただけることと思います。



サイズ/重量
小サイズ:直径24cmx高さ7cm/170g
中サイズ:直径30cmx高さ9cm/250g

天然素材を使った職人手作りの為、一つ一つの形・風合い・色味が若干異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて
・ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。
・水に濡れたらカビが生えないよう、できるだけ水を切り、できればふき取り、
 日陰の風通しのいいところで乾かすようにしてください。

販売価格 2,300円(税込2,530円)〜2,500円(税込2,750円)
小サイズ(直径約24cm)中サイズ(直径約30cm)
サイズ

サイズ
小サイズ(直径約24cm)中サイズ(直径約30cm)

市川商店 竹かごや

店舗について

〒116-0003
東京都荒川区南千住2-28-8
tel :03(3801)5898
fax:03(3801)5917

店舗営業日:毎週木、金、土曜日       (月1回日曜日も営業) 店舗営業時間:11:00-16:00

月、火、水曜は店舗はお休みですが、 お電話での対応等いたします。

<店にお越しいただける卸先のお客様へ> 一般のお客様と曜日を分けております。事前にご連絡いただき、可能な限り、月曜、火曜にお越しいただきますようお願い申し上げます。(月、火が難しい場合はご相談くださいませ。)

そのほうがゆっくりとご相談できますので、勝手を申し上げて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
2020年7月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
上へ