大分県/真竹(炭化竹)・籐(とう) コーヒドリッパー
大分県/真竹(炭化竹)・籐(とう) コーヒドリッパー
大分県/真竹(炭化竹)・籐(とう) コーヒドリッパー
大分県/真竹(炭化竹)・籐(とう) コーヒドリッパー
大分県/真竹(炭化竹)・籐(とう) コーヒドリッパーのサムネイル画像
大分県/真竹(炭化竹)・籐(とう) コーヒドリッパーのサムネイル画像
大分県/真竹(炭化竹)・籐(とう) コーヒドリッパーのサムネイル画像
大分県/真竹(炭化竹)・籐(とう) コーヒドリッパーのサムネイル画像

大分県/真竹(炭化竹)・籐(とう) コーヒドリッパー

コーヒードリッパー

14,000円(税込15,400円)

サイズ(外寸) / 重量

約直径12(フック部分+1cm)x高さ11cm/20g
NW-A

自然素材を使った手作りのものの為、一つ一つの形・風合い・色味が異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。
表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて

ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。

どの素材においても、できるだけ戸棚などにしまいこまず、風通しのよい場所で保管するようにしてください。

保管の際は、直射日光を避け、湿気の溜まらない、なるべく高い場所に置くと良いです。

雨や水に濡れたら乾いた布で拭き取り、風の通る日陰や室内でよく乾かしてください。

ほこりが溜まらないよう、たわしやブラシなどを使った定期的なブラッシングをおすすめします。

大分県別府市にある「大分県立竹工芸訓練センター」には、
現在もさまざまな経験を持った方たちが入学しています。
そして、そこを卒業した後もまた、多種多様な竹細工の道を選ばれています。

そんな中でも、かつてはバックパッカーとして世界を歩いた経験を持ち、
国内外へのアンテナをしっかりと立てながら、日々竹細工に打ち込んでいる方がいらっしゃいます。
この方はご自身の技術を高めるために、センター卒業後は大分県内の工房で、
数年にわたってひたすら注文に応じて編み続けるという修業をなさってきました。

その数をこなすことはもちろんですが、独自の切り口から竹という素材を見つめ、
その材の特性を利用して、さまざまな形や風合いに展開することにも長けています。

こちらは炭化竹(たんかちく)と籐(とう)を使って製作されたコーヒードリッパーです。

直接、挽いたコーヒー豆をドリッパーに入れてお使いになれます。
実際にコーヒーを入れてみると、ペーパーフィルターやネルドリッパーを使って入れるときよりも
この竹ドリッパーで入れたときの方が抽出時間がいくらか長くかかり、
コーヒー2杯分を入れたときでは、フィルターの有無で1分ほどの差が出ました。

使い終わった後は、たわしやささらで水洗いをして、風通しのよいところでよく乾かすようにしてください。
ドリッパーにコーヒーの粉が残っている場合はコーヒーブラシなどで払い落とすと、きれいに落とせます。

竹ドリッパーにペーパーフィルターをセットしてコーヒーを入れることもできます。
ペーパーフィルターを使わずに入れたときよりもドリップの速度は早くなり、
コーヒーを抽出するまでの時間も比較的早いです。
ペーパーフィルターの有無で飲み比べてみるのも楽しそうです。

お好みのサーバーとともに、コーヒータイムをお楽しみください。