山形県/シナノキ 花結び手提げ(てんご) 小・大 2サイズ
山形県/シナノキ 花結び手提げ(てんご) 小・大 2サイズ
山形県/シナノキ 花結び手提げ(てんご) 小・大 2サイズ
山形県/シナノキ 花結び手提げ(てんご) 小・大 2サイズ
山形県/シナノキ 花結び手提げ(てんご) 小・大 2サイズ
山形県/シナノキ 花結び手提げ(てんご) 小・大 2サイズ
山形県/シナノキ 花結び手提げ(てんご) 小・大 2サイズ
山形県/シナノキ 花結び手提げ(てんご) 小・大 2サイズ
山形県/シナノキ 花結び手提げ(てんご) 小・大 2サイズ
山形県/シナノキ 花結び手提げ(てんご) 小・大 2サイズ
山形県/シナノキ 花結び手提げ(てんご) 小・大 2サイズ
山形県/シナノキ 花結び手提げ(てんご) 小・大 2サイズ
山形県/シナノキ 花結び手提げ(てんご) 小・大 2サイズのサムネイル画像
山形県/シナノキ 花結び手提げ(てんご) 小・大 2サイズのサムネイル画像
山形県/シナノキ 花結び手提げ(てんご) 小・大 2サイズのサムネイル画像
山形県/シナノキ 花結び手提げ(てんご) 小・大 2サイズのサムネイル画像
山形県/シナノキ 花結び手提げ(てんご) 小・大 2サイズのサムネイル画像
山形県/シナノキ 花結び手提げ(てんご) 小・大 2サイズのサムネイル画像
山形県/シナノキ 花結び手提げ(てんご) 小・大 2サイズのサムネイル画像
山形県/シナノキ 花結び手提げ(てんご) 小・大 2サイズのサムネイル画像
山形県/シナノキ 花結び手提げ(てんご) 小・大 2サイズのサムネイル画像
山形県/シナノキ 花結び手提げ(てんご) 小・大 2サイズのサムネイル画像
山形県/シナノキ 花結び手提げ(てんご) 小・大 2サイズのサムネイル画像
山形県/シナノキ 花結び手提げ(てんご) 小・大 2サイズのサムネイル画像

山形県/シナノキ 花結び手提げ(てんご) 小・大 2サイズ

かごバッグ(手提げ) / バスケット

55,000円(税込60,500円)

サイズ
小サイズ/55,000円
SOLD OUT
大サイズ/58,000円
SOLD OUT

サイズ(外寸) / 重量

小サイズ:約24x8x高さ24cm(持ち手付き高さ36cm)/160g
大サイズ:約30x10x高さ27cm(持ち手付き高さ37cm)/270g

こちらのページに掲載の商品は、どのサイズ・タイプにおきましても、
ポスト投函タイプの「ネコポス」配送はお選びいただけません。

上記のサイズは弊店への入荷分総量のうち、その中間値を表示しており、あくまで目安となります。自然素材を使った手作り品のため、表記サイズから2-3cm前後するものもございます。
収納するところがお決まりの際などは、サイズに余裕を持ってご注文いただきますよう、お願いいたします。

また、ひとつひとつの形・風合い・色味も異なります。
予めご了承いただいた上で、ご注文下さい。

お取り扱いについて

ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。

どの素材においても、できるだけ戸棚などにしまいこまず、風通しのよい場所で保管するようにしてください。

保管の際は、直射日光を避け、湿気の溜まらない、なるべく高い場所に置くと良いです。

雨や水に濡れたら乾いた布で拭き取り、風の通る日陰や室内でよく乾かしてください。

ほこりが溜まらないよう、たわしやブラシなどを使った定期的なブラッシングをおすすめします。

日本海に面する山形県や新潟県は
以前は出羽や越後という地名で呼ばれていました。
また、その山形県と新潟県を含む秋田県から越前福井あたりまでを
羽越地方とも呼んでいます。

その羽越地方にあたる山形県と新潟県の県境のエリアでは
「しな織(おり)」と呼ばれるシナノキから作り出す織物が今現在も作られています。
沖縄の芭蕉布や静岡県のくず布と並び、代表的な古代織とされています。

発祥は平安時代にも遡るとも言われており、
全国各地で作られていましたが、木綿や絹の普及、
戦後の化学繊維の大量生産により、姿を消したものも多くあります。

それでも今なお残っている古代布づくりは、
山里における大切な冬仕事という位置付けはもちろんのこと、
昔と変わらない技術で周辺の自然のものから作られる素朴さと温もりが、
人々を魅了し続けているからだと感じます。

しな織ができるまでの行程は大きく分けて10段階です。6月にシナノキの選別・伐採から始まり、実際に織り機にかけるのは翌年の2月頃。材料の下ごしらえに農作業との兼ね合いもありますが、半年もの時間があります。

しかし、そのような行程から生み出されたしな織には、香りといい、風合いといい、えも言われぬ自然素材の魅力が詰まっています。

シナノキは日本全国に生息しているため、岡山県のがま細工における「ヤマカゲ」や福島県の「モワダ」などと呼び名を変えて、かご細工に使用されています。

そのしな織の技術で作られたかごを産地の言葉では「てんご(てご)」と言います。もとはもう少し大きなサイズで、水にも強い素材のため、主に山仕事の際に重宝され、山菜・野菜などの収穫かごとして使われていました。

こちらは現代でも使いやすいサイズにした手提げです。
産地で「花結びてんご」と言われています。こちらのページでは2サイズの花結びてんごをご紹介します。

それでは、2サイズを順にご紹介します。

こちらは大サイズです。

基本的にはしな糸の色はこのように濃い茶色ですが、
時折、しな糸の色が白かったりするという違いは、染めたりしているわけではなく、
その木を剥がしてみると様々な色の違いがあるそうです。

これが木から作られたとは思えないほどの優しい風合いです。

山での収穫かご、仕事用のかごとして使われていた素材ですので、
かごとしての強度も申し分ありません。
「しな糸」で織られたこちらの手提げも、繊細な作りに見えますが、
実際にはお出掛けかごとして、財布やかぎ、携帯電話、水筒やポーチ、本などを
入れて持ち歩いても十分に耐えられる作りです。
どちらのサイズも、普段持ち歩く程度の荷物の量でしたら、多少重くともしっかりと支えてくれます。

こちらの手提げの特性上、中に入れたものの重さでかご部分が多少伸びてきます。
お使いにならないときには、中に何も入れない状態で吊しておくか、
棚などに置いて保管するようになさるといいかと思います。

古代から同じ技術で紡がれたしな糸を使って作られた手提げ。
とても軽く、編み目も美しく、柔らかい手当たりで使いやすいです。
少しも色あせないその技術、使い続けることで、ずっとつないでいきたいものです。

どちらかお好みのサイズをお選びください。

コラム