富山県/淡竹(はちく) そうけ(米揚げざる) 小・中・大・特大・特々大 5サイズ 
富山県/淡竹(はちく) そうけ(米揚げざる) 小・中・大・特大・特々大 5サイズ 
富山県/淡竹(はちく) そうけ(米揚げざる) 小・中・大・特大・特々大 5サイズ 
富山県/淡竹(はちく) そうけ(米揚げざる) 小・中・大・特大・特々大 5サイズ 
富山県/淡竹(はちく) そうけ(米揚げざる) 小・中・大・特大・特々大 5サイズ 
富山県/淡竹(はちく) そうけ(米揚げざる) 小・中・大・特大・特々大 5サイズ 
富山県/淡竹(はちく) そうけ(米揚げざる) 小・中・大・特大・特々大 5サイズ 
富山県/淡竹(はちく) そうけ(米揚げざる) 小・中・大・特大・特々大 5サイズ 
富山県/淡竹(はちく) そうけ(米揚げざる) 小・中・大・特大・特々大 5サイズ 
富山県/淡竹(はちく) そうけ(米揚げざる) 小・中・大・特大・特々大 5サイズ 
富山県/淡竹(はちく) そうけ(米揚げざる) 小・中・大・特大・特々大 5サイズ 
富山県/淡竹(はちく) そうけ(米揚げざる) 小・中・大・特大・特々大 5サイズ のサムネイル画像
富山県/淡竹(はちく) そうけ(米揚げざる) 小・中・大・特大・特々大 5サイズ のサムネイル画像
富山県/淡竹(はちく) そうけ(米揚げざる) 小・中・大・特大・特々大 5サイズ のサムネイル画像
富山県/淡竹(はちく) そうけ(米揚げざる) 小・中・大・特大・特々大 5サイズ のサムネイル画像
富山県/淡竹(はちく) そうけ(米揚げざる) 小・中・大・特大・特々大 5サイズ のサムネイル画像
富山県/淡竹(はちく) そうけ(米揚げざる) 小・中・大・特大・特々大 5サイズ のサムネイル画像
富山県/淡竹(はちく) そうけ(米揚げざる) 小・中・大・特大・特々大 5サイズ のサムネイル画像
富山県/淡竹(はちく) そうけ(米揚げざる) 小・中・大・特大・特々大 5サイズ のサムネイル画像
富山県/淡竹(はちく) そうけ(米揚げざる) 小・中・大・特大・特々大 5サイズ のサムネイル画像
富山県/淡竹(はちく) そうけ(米揚げざる) 小・中・大・特大・特々大 5サイズ のサムネイル画像
富山県/淡竹(はちく) そうけ(米揚げざる) 小・中・大・特大・特々大 5サイズ のサムネイル画像

富山県/淡竹(はちく) そうけ(米揚げざる) 小・中・大・特大・特々大 5サイズ 

米とぎざる・米あげざる

3,700円(税込4,070円)

 
サイズ
小サイズ/3,700円
中サイズ/4,200円
大サイズ/4,700円
特大サイズ/6,000円
特々大サイズ/11,000円
SOLD OUT

サイズ(外寸) / 重量

小サイズ(二升用) :約38x35x高さ8cm/340g
中サイズ(三升用) :約44x39x高さ9.5cm/450g
大サイズ(五升用) :約49x44x高さ12cm/570g
特大サイズ(一斗用):約55x48x高さ14cm/680g
特々大サイズ   :約60x52x高さ15cm/930g

自然素材を使った手作りのものの為、一つ一つの形・風合い・色味が異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。
表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて

ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。

どの素材においても、できるだけ戸棚などにしまいこまず、風通しのよい場所で保管するようにしてください。

保管の際は、直射日光を避け、湿気の溜まらない、なるべく高い場所に置くと良いです。

雨や水に濡れたら乾いた布で拭き取り、風の通る日陰や室内でよく乾かしてください。

ほこりが溜まらないよう、たわしやブラシなどを使った定期的なブラッシングをおすすめします。

富山県では現在、国の重要無形民俗文化財として、
論田・熊無地区の藤箕や高岡市の菅笠製作などの
手仕事の技術が認められています。

同じ富山県で長年にわたり青竹細工をする方々がいらっしゃり、
今も日本海側の稲作文化を支えてきたざるを作っておられます。

日本海側に限らず、中部、中京エリアにおいても、
豆やもち米、その他穀物を扱う業務用の工場において、
現在でもその需要に応え続けています。

産地で「そうけ」と言われるこのざるは、
元々は米揚げざるとして使われており、
お米や穀物を洗い、水を切るための道具です。
こちらは小サイズから最大の特々大サイズまでの5サイズを順にご紹介します。

もとはお米が一斗分入る特大サイズを基本に作っていたということに、驚きます。
特大サイズ12枚を1セットとして、貨物列車の1コンテナに何十セットと積み込んでいたそうです。
さらに、その「そうけ」コンテナが貨物列車に連なって出荷されていたといいます。
いまではもはや夢のまた夢の世界の話となってしまいました。

このそうけはお米や穀物、野菜の水切りにももちろんお使いただけます。
毎日使いや業務用にはぴったりです。
また、使用後に洗い終わったら、口の部分をひっかけて乾かすこともできるので、
実用性としては、この上ない作りと言えます。

また、最近では、コーヒー豆の焙煎で使われる方もいらっしゃいます。
通気性のよい竹ざるで焙煎した豆を受けて、また、それを小分けの袋に流し込んだりする時に、この形が使い勝手がいいようです。
こちらのページのサイズですと、焙煎された豆を受けて、粗熱をとるというような使い方でお求めくださっています。また、いくつか組み合わせている方もいらっしゃいます。

そんなそうけを作ってくださる職人さん、
今では80代から90代のわずかな方々が作り続けてくださっています。
なかなか後継者も見あたらず、寂しい限りですが、
今はまだこの健やかで力強いそうけ、お届けできますので、
お好みのサイズでご用命くださいませ。