岡山県/がま こしご(背負いかご)
岡山県/がま こしご(背負いかご)
岡山県/がま こしご(背負いかご)
岡山県/がま こしご(背負いかご)
岡山県/がま こしご(背負いかご)
岡山県/がま こしご(背負いかご)
岡山県/がま こしご(背負いかご)
岡山県/がま こしご(背負いかご)
岡山県/がま こしご(背負いかご)
岡山県/がま こしご(背負いかご)のサムネイル画像
岡山県/がま こしご(背負いかご)のサムネイル画像
岡山県/がま こしご(背負いかご)のサムネイル画像
岡山県/がま こしご(背負いかご)のサムネイル画像
岡山県/がま こしご(背負いかご)のサムネイル画像
岡山県/がま こしご(背負いかご)のサムネイル画像
岡山県/がま こしご(背負いかご)のサムネイル画像
岡山県/がま こしご(背負いかご)のサムネイル画像
岡山県/がま こしご(背負いかご)のサムネイル画像

岡山県/がま こしご(背負いかご)

その他

26,000円(税込28,600円)

サイズ / 重量

約36x20x高さ35cm/590g

自然素材を使った手作りのものの為、一つ一つの形・風合い・色味が異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。
表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて

ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。

どの素材においても、できるだけ戸棚などにしまいこまず、風通しのよい場所で保管するようにしてください。

保管の際は、直射日光を避け、湿気の溜まらない、なるべく高い場所に置くと良いです。

雨や水に濡れたら乾いた布で拭き取り、風の通る日陰や室内でよく乾かしてください。

ほこりが溜まらないよう、たわしやブラシなどを使った定期的なブラッシングをおすすめします。

鳥取県と裾野を分ける岡山県蒜山(ひるぜん)地方には、
今からおよそ600年以上前から伝わる「がま細工」があります。

漢字で「蒲(がま)」と書くこの植物は、地名などにも使われているようにとても身近な植物で、北海道から九州地方まで広く分布しています。
蒲鉾(かまぼこ)や蒲焼(かばやき)という言葉も、がまの穂の形が特徴的(大きなソーセージのような形)であり、その形状にそれぞれが似ていたため、その名がついたそうです。

蒜山がま細工では「ヒメガマ」という種類を使用し、今でも暮らしの道具が作られ続けています。

本来ヒメガマは湿地に自生するものですが、
こちらのがま細工を編まれる方々は栽培から手掛けられています。
ヒメガマは軽く、油分を含むので防水、保湿性に優れています。
もとは兵糧(ひょうろう)を運ぶための背負いかごが作られていたのが起源とのこと。
かつては雪靴なども作られていたそうです。

ヒメガマと、もうひとつの材料であるのがシナノキという木の皮の繊維です。
シナノキの木の皮のことを産地の皆さんは「ヤマカゲ」と呼んでいます。

このヤマカゲは川につけて、発酵させてから、
木の年輪にそって薄くはがしていくそうです。
発酵させるため、乾燥させるまで「ヤマカゲはにおいがきっついのよ~」と
笑いながら話してくださる作り手の皆さん。
とても楽しそうなのが印象的です。

その中でもこちらは蒜山がま細工のオリジナルとも言える
背負いかご、通称「こしご」です。

このこしご、背負ってみますと、軽さにまずびっくりします。
そして、がま特有の柔らかみで背中にぴったりとフィットします。

こしごが体に沿ってくっつくことで、
肩など体の一部に重みが偏ることなく、軽やかに背負えます。
600年以上前にお米などの重い兵糧を運んでいたとしたら、
最適な材料と形状だったはずで、「なるほど」と合点のいくかごです。

素材が柔らかく、衣類を傷つけにくいのもうれしいところです。

「丈夫で、軽い」はかごの基本だと思いますが、
このがま細工においても、「ヒメガマ」と「ヤマカゲ」
それぞれの素材の特性を生かしながら、それを忠実に実現しています。

油分が放つ光沢が艶やかでさっぱりした乳白色。
かご自体が軽いので、荷物をあれこれ入れても軽やかに持てそうです。

そのシンプルなデザインは昔と変わらず、
実用的かつ洗練された佇まいで、
じわりと趣きを感じさせてくれます。