大分県/真竹(青竹) 花取籠
大分県/真竹(青竹) 花取籠
大分県/真竹(青竹) 花取籠
大分県/真竹(青竹) 花取籠
大分県/真竹(青竹) 花取籠
大分県/真竹(青竹) 花取籠
大分県/真竹(青竹) 花取籠
大分県/真竹(青竹) 花取籠
大分県/真竹(青竹) 花取籠
大分県/真竹(青竹) 花取籠のサムネイル画像
大分県/真竹(青竹) 花取籠のサムネイル画像
大分県/真竹(青竹) 花取籠のサムネイル画像
大分県/真竹(青竹) 花取籠のサムネイル画像
大分県/真竹(青竹) 花取籠のサムネイル画像
大分県/真竹(青竹) 花取籠のサムネイル画像
大分県/真竹(青竹) 花取籠のサムネイル画像
大分県/真竹(青竹) 花取籠のサムネイル画像
大分県/真竹(青竹) 花取籠のサムネイル画像

大分県/真竹(青竹) 花取籠

その他

70,000円(税込77,000円)

サイズ(外寸) / 重量

約直径31x高さ55cm(底の直径約18cm)/950g
NW-A

自然素材を使った手作りのものの為、一つ一つの形・風合い・色味が異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。
表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて

ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。

どの素材においても、できるだけ戸棚などにしまいこまず、風通しのよい場所で保管するようにしてください。

保管の際は、直射日光を避け、湿気の溜まらない、なるべく高い場所に置くと良いです。

雨や水に濡れたら乾いた布で拭き取り、風の通る日陰や室内でよく乾かしてください。

ほこりが溜まらないよう、たわしやブラシなどを使った定期的なブラッシングをおすすめします。

こちらは青竹に「みがき」をかけたひごで編み上げた、大ぶりなかごです。
花取籠(はなとりかご)と名付けられています。

青竹とは、真竹(マダケ)を伐採したそのままの青々とした竹のことで、
こちらの籠は青竹の表皮を薄く削いだ(「みがき」と言います)竹ひごで編まれています。
みがかれることで、表皮にある傷や斑点が薄れ、艶が出て、美しさが増します。
また、時間が経つにつれ、ムラなくきれいな飴色へと移り変わります。
「みがき」に対する言葉として、表皮がついたままの竹ひごを「皮つき」と呼ぶこともあります。

籠のどの部分に触れても、竹はささくれ立つものということを忘れてしまうほどの滑らかさです。

華道をたしなまれる方からのリクエストによって生まれたこの籠は、
ざっくりと花を挿したまま、肩にかけて運べるようになっています。

こちらのかごは程よく青色が抜け、薄いあめ色が入ってきている段階です。

この出で立ちや大きさを目の前にすると、
まずは目が釘付けになり、圧倒されるかもしれません。
そして、インテリアという言葉について考えさせてくれます。

摘み入れ、運び、飾る。
お花を嗜まれる方のそばで、実用のかごとして活躍することと思います。

<桐山浩実さんの籠づくり>
素材となる竹やツヅラフジの見極め、伐採、材料作り、
かご編みと全ての工程をこなされ、籠のサイズ感やバランスなど細部に気を配り、
信念を持たれながら暮らしの中での使い勝手を考えられた籠作りをされています。

力強さと洗練されたデザイン性を兼ね備え、
みがいた青竹とツヅラフジを使用した完成度の高い籠の数々は
桐山さん独自の哲学から生まれています。

そうして生まれた籠は、品質の高さはもちろんのこと、実用的でもあり、
暮らしに長く寄り添ってくれる逸品となるはずです。