タイ/ウォーターヒヤシンス 手提げ リングハンドル S・M・L・XL 4サイズ
タイ/ウォーターヒヤシンス 手提げ リングハンドル S・M・L・XL 4サイズ
タイ/ウォーターヒヤシンス 手提げ リングハンドル S・M・L・XL 4サイズ
タイ/ウォーターヒヤシンス 手提げ リングハンドル S・M・L・XL 4サイズ
タイ/ウォーターヒヤシンス 手提げ リングハンドル S・M・L・XL 4サイズ
タイ/ウォーターヒヤシンス 手提げ リングハンドル S・M・L・XL 4サイズ
タイ/ウォーターヒヤシンス 手提げ リングハンドル S・M・L・XL 4サイズ
タイ/ウォーターヒヤシンス 手提げ リングハンドル S・M・L・XL 4サイズ
タイ/ウォーターヒヤシンス 手提げ リングハンドル S・M・L・XL 4サイズ
タイ/ウォーターヒヤシンス 手提げ リングハンドル S・M・L・XL 4サイズ
タイ/ウォーターヒヤシンス 手提げ リングハンドル S・M・L・XL 4サイズ
タイ/ウォーターヒヤシンス 手提げ リングハンドル S・M・L・XL 4サイズ
タイ/ウォーターヒヤシンス 手提げ リングハンドル S・M・L・XL 4サイズのサムネイル画像
タイ/ウォーターヒヤシンス 手提げ リングハンドル S・M・L・XL 4サイズのサムネイル画像
タイ/ウォーターヒヤシンス 手提げ リングハンドル S・M・L・XL 4サイズのサムネイル画像
タイ/ウォーターヒヤシンス 手提げ リングハンドル S・M・L・XL 4サイズのサムネイル画像
タイ/ウォーターヒヤシンス 手提げ リングハンドル S・M・L・XL 4サイズのサムネイル画像
タイ/ウォーターヒヤシンス 手提げ リングハンドル S・M・L・XL 4サイズのサムネイル画像
タイ/ウォーターヒヤシンス 手提げ リングハンドル S・M・L・XL 4サイズのサムネイル画像
タイ/ウォーターヒヤシンス 手提げ リングハンドル S・M・L・XL 4サイズのサムネイル画像
タイ/ウォーターヒヤシンス 手提げ リングハンドル S・M・L・XL 4サイズのサムネイル画像
タイ/ウォーターヒヤシンス 手提げ リングハンドル S・M・L・XL 4サイズのサムネイル画像
タイ/ウォーターヒヤシンス 手提げ リングハンドル S・M・L・XL 4サイズのサムネイル画像
タイ/ウォーターヒヤシンス 手提げ リングハンドル S・M・L・XL 4サイズのサムネイル画像

タイ/ウォーターヒヤシンス 手提げ リングハンドル S・M・L・XL 4サイズ

かごバッグ(手提げ) / バスケット

2,400円(税込2,640円)

 
サイズ
Sサイズ/2,400円
Mサイズ/2,900円
Lサイズ/3,400円
XLサイズ/3,900円

サイズ(外寸) / 重量

Sサイズ:約23x9x高さ12-14cm(持ち手付き高さ22cm、持ち手直径11cm)/170g
Mサイズ:約30x11x高さ14-15cm(持ち手付き高さ24cm、持ち手直径11cm)/250g
Lサイズ:約34x15x高さ17-19cm(持ち手付き高さ30cm、持ち手直径14cm)/330g
XLサイズ:約40x17x高さ22-23cm(持ち手付き高さ37cm、持ち手直径17cm)/520g

ちらのページに掲載の商品は、どのサイズ・タイプにおきましても、
ポスト投函タイプの「ネコポス」配送はお選びいただけません。

自然素材を使った手作りのものの為、一つ一つの形・風合い・色味が異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。
表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて

ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。

どの素材においても、できるだけ戸棚などにしまいこまず、風通しのよい場所で保管するようにしてください。

保管の際は、直射日光を避け、湿気の溜まらない、なるべく高い場所に置くと良いです。

雨や水に濡れたら乾いた布で拭き取り、風の通る日陰や室内でよく乾かしてください。

ほこりが溜まらないよう、たわしやブラシなどを使った定期的なブラッシングをおすすめします。

こちらは流れのゆるやかな川や池に自生する水草、
ウォーターヒヤシンスで編まれた手提げです。
透かした編み目と大きなリング型のハンドルが印象的な手提げ、
4サイズをご紹介します。




ウォーターヒヤシンスの製品でも、バスケットやかごバッグ、小物入れや鍋敷きなど、作る物や編み方によって作り手(地域)が異なります。

作り手はおおよそ40〜70代の女性が多く、村や集落のグループまたは家族単位でかご細工を営んでいることがほとんどです。

かご作りを専業とされている方が多いですが、農業の傍らにかご細工を営む方々もいらっしゃいます。兼業の方々は農業の収穫時期には製作をとめて、農作業に専念されることもあります。

カチュー細工同様、若い世代の編み手が少ないながらも、
今、改めてタイ国内でも、こうした自然素材製品の良さが見直され、
若い人たちがかごを手に取るようになってきているとのこと。

透かした編み柄が軽やかで涼しげな手提げ。
細かい編みですので、中に入れたものはそれほど気になりません。

ウォーターヒヤシンスは特に湿度に弱い素材のため、
製作の仕上げとして、かご全体に艶消しのニスが塗られています。
ニスを塗ることで表面がコーティングされ、素材が吸湿するのを防ぎます。

保管の際にも、湿気の溜まらない、風通しのよい室内に
置くか吊り下げておくといいかと思います。
床に置いておくよりは棚の高いほうに置いたり、吊り下げたり、
2階建て家屋でしたら、1階よりも2階に置かれるのがおすすめです。

涼しげな編み目と大きなリングが魅力的なウォーターヒヤシンスの手提げ。
ワンピース、Tシャツにデニムスタイルなど、きっと装いを問わず似合います。
ストールや帽子などとの組み合わせを考えるのも楽しそうです。

いずれかお好みのサイズをお選びください。

<タイ・ウォーターヒヤシンス細工について>

別名「ホテイアオイ」とも呼ばれるウォーターヒヤシンスは、
湖や沼、池、流れのゆるやかな川などの水面に浮かんで生育する水草です。

タイを含む東南アジア全域で見られる植物で、
それぞれの地域でそのウォーターヒヤシンスを使ったかご細工を見ることができます。

タイでは一年を通して収穫できますが、
1〜4月の乾季よりもそれ以外の時期の方が、より成育のいい草が採れるとのこと。
また、収穫する地域によって草の色(かごの色味)が異なるそうです。

製法は、太さのある茎部分をいろいろな太さに割いて編んでいく方法のほか、
茎を縄状に撚(よ)ってから編んだり、茎を薄く剥いで巻いたり、
圧縮して成形したりする手法などさまざまあり、加工のしやすい素材と言えます。
かごやかごバッグは木の型枠に合わせて、
また鍋敷きやスリッパは手の感覚のみで編み込んでいきます。

こちらでご紹介するものは、農作物の栽培に適した肥沃な大平原があるタイ中央部の、
チャオプラヤー川沿岸、稲作地域の広がるスパンブリー、アントーン、チャイナート各県で作られたものです。

コラム