タイ/ニッパヤシ フルーツトレイ
タイ/ニッパヤシ フルーツトレイ
タイ/ニッパヤシ フルーツトレイ
タイ/ニッパヤシ フルーツトレイ
タイ/ニッパヤシ フルーツトレイ
タイ/ニッパヤシ フルーツトレイ
タイ/ニッパヤシ フルーツトレイ
タイ/ニッパヤシ フルーツトレイ
タイ/ニッパヤシ フルーツトレイ
タイ/ニッパヤシ フルーツトレイ
タイ/ニッパヤシ フルーツトレイのサムネイル画像
タイ/ニッパヤシ フルーツトレイのサムネイル画像
タイ/ニッパヤシ フルーツトレイのサムネイル画像
タイ/ニッパヤシ フルーツトレイのサムネイル画像
タイ/ニッパヤシ フルーツトレイのサムネイル画像
タイ/ニッパヤシ フルーツトレイのサムネイル画像
タイ/ニッパヤシ フルーツトレイのサムネイル画像
タイ/ニッパヤシ フルーツトレイのサムネイル画像
タイ/ニッパヤシ フルーツトレイのサムネイル画像
タイ/ニッパヤシ フルーツトレイのサムネイル画像

タイ/ニッパヤシ フルーツトレイ

果物・茶菓子・パン盛りかご

3,400円(税込3,740円)

サイズ(外寸) / 重量

約33x29x高さ7-9cm(底23x21cm、かご部高さ6cm)/160g

こちらのページに掲載の商品は、
ポスト投函タイプの「ネコポス」配送はお選びいただけません。

自然素材を使った手作りのものの為、一つ一つの形・風合い・色味が異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。
表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて

ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。

どの素材においても、できるだけ戸棚などにしまいこまず、風通しのよい場所で保管するようにしてください。

保管の際は、直射日光を避け、湿気の溜まらない、なるべく高い場所に置くと良いです。

雨や水に濡れたら乾いた布で拭き取り、風の通る日陰や室内でよく乾かしてください。

ほこりが溜まらないよう、たわしやブラシなどを使った定期的なブラッシングをおすすめします。

こちらは、タイのマングローブ林に生息する「ニッパヤシ」で作られたかごです。
フルーツを盛るのに似合いそうな、フルーツトレイをご紹介します。

作り手はおおよそ40〜70代の女性で、少数ですが男性もいらっしゃいます。

カチュー細工同様、若い世代の編み手が少ないながらも、
今、改めてタイ国内でもこうした自然素材製品の良さが見直され、
若い人たちがかごを手に取るようになってきているとのこと。

ニッパヤシは風通しの良い素材の上、編み目も涼やかで、
果物や根菜を保管しておくのにもよく合うのではと思います。

ほかにも、お菓子を入れたり、お茶セットを置いておいたり、
お店のディスプレイや陳列かごとしてもおすすめです。

水に強い素材ではありますが、できるだけ湿気の溜まらない、
風通しのよい室内に置いてご使用ください。

軽やかで涼しげなニッパヤシのかご。
さまざまなシーンでお楽しみください。

<タイ・ニッパヤシ細工について>

タイ南部のマレー半島、西岸には柔らかい泥質の湿地が多く、
河川と海水が混ざり合う汽水域に発達するマングローブ林がいくつも存在します。

「ニッパヤシ」はそのマングローブ陸側に生息するヤシ科の植物で、
淡水の同じヤシ科の植物に比べると、強度・柔軟性の面において優れています。

ニッパヤシは繊維質、軽くて丈夫で、風通しが良く風雨にも強いため、
植生が豊富な地域では屋根材や壁材としても利用されます。

「ニッパ(Nypa)」というのはフィリピン語でニッパヤシを意味する語で、
現地では竹を骨組みとしてニッパヤシの葉を編み込んだもので
屋根を葺いたり壁を拵えたりされています。

タイでは、素材は通年通して採取でき、かごやトレイ、すくいなどが製作されています。
こちらでご紹介するものは、タイ南部、マレー半島の西側、トゥラン県で作られたものです。

コラム