山形県/やまぶどう ブローチ スクエア 小・大 2サイズ
山形県/やまぶどう ブローチ スクエア 小・大 2サイズ
山形県/やまぶどう ブローチ スクエア 小・大 2サイズ
山形県/やまぶどう ブローチ スクエア 小・大 2サイズ
山形県/やまぶどう ブローチ スクエア 小・大 2サイズ
山形県/やまぶどう ブローチ スクエア 小・大 2サイズ
山形県/やまぶどう ブローチ スクエア 小・大 2サイズ
山形県/やまぶどう ブローチ スクエア 小・大 2サイズ
山形県/やまぶどう ブローチ スクエア 小・大 2サイズ
山形県/やまぶどう ブローチ スクエア 小・大 2サイズ
山形県/やまぶどう ブローチ スクエア 小・大 2サイズ
山形県/やまぶどう ブローチ スクエア 小・大 2サイズ
山形県/やまぶどう ブローチ スクエア 小・大 2サイズ
山形県/やまぶどう ブローチ スクエア 小・大 2サイズのサムネイル画像
山形県/やまぶどう ブローチ スクエア 小・大 2サイズのサムネイル画像
山形県/やまぶどう ブローチ スクエア 小・大 2サイズのサムネイル画像
山形県/やまぶどう ブローチ スクエア 小・大 2サイズのサムネイル画像
山形県/やまぶどう ブローチ スクエア 小・大 2サイズのサムネイル画像
山形県/やまぶどう ブローチ スクエア 小・大 2サイズのサムネイル画像
山形県/やまぶどう ブローチ スクエア 小・大 2サイズのサムネイル画像
山形県/やまぶどう ブローチ スクエア 小・大 2サイズのサムネイル画像
山形県/やまぶどう ブローチ スクエア 小・大 2サイズのサムネイル画像
山形県/やまぶどう ブローチ スクエア 小・大 2サイズのサムネイル画像
山形県/やまぶどう ブローチ スクエア 小・大 2サイズのサムネイル画像
山形県/やまぶどう ブローチ スクエア 小・大 2サイズのサムネイル画像
山形県/やまぶどう ブローチ スクエア 小・大 2サイズのサムネイル画像

山形県/やまぶどう ブローチ スクエア 小・大 2サイズ

アクセサリー / オーナメント

6,300円(税込6,930円)

 
タイプ
小サイズ/6,300円
大サイズ/6,600円

サイズ(外寸) / 重量

小サイズ:約5cm角x高さ1.5cm/10g
大サイズ:約6-7cm角x高さ1.5-2cm/15g

こちらのページに掲載の商品は、どのサイズ・タイプにおきましても、
ポスト投函タイプの「ネコポス」配送はお選びいただけません。

上記のサイズは弊店への入荷分総量のうち、その中間値を表示しており、あくまで目安となります。自然素材を使った手作り品のため、表記サイズから2-3cm前後するものもございます。
収納するところがお決まりの際などは、サイズに余裕を持ってご注文いただきますよう、お願いいたします。

また、ひとつひとつの形・風合い・色味も異なります。
予めご了承いただいた上で、ご注文下さい。

お取り扱いについて

ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。

どの素材においても、できるだけ戸棚などにしまいこまず、風通しのよい場所で保管するようにしてください。

保管の際は、直射日光を避け、湿気の溜まらない、なるべく高い場所に置くと良いです。

雨や水に濡れたら乾いた布で拭き取り、風の通る日陰や室内でよく乾かしてください。

ほこりが溜まらないよう、たわしやブラシなどを使った定期的なブラッシングをおすすめします。

こちらはやまぶどうの樹皮を使った、スクエア形のブローチです。

レザーのように長年にわたり愛用でき、丈夫で質の良いことで知られる
やまぶどうの手提げですが、たいていは樹皮の表側が使われます。

こちらでは、反対に皮の「裏側」を表にして作られた、ユニークなアクセサリーをご紹介します。

やまぶどうの樹皮を採取するのは夏。

採ったあとに乾燥させると、皮の表面が剥がれていたり亀裂が入っていたりと、
かごを編むのに適さない部分がどうしても見られるとのこと。

そういう使えない材料をもったいないからと捨てずに数年保管していたら、
思いがけず、樹皮の裏側が美しい飴色に変化していたそうです。

小さなものから山の素材を取り入れてみたいという方にも。

身に着けるだけでなく、カバンやポーチなどの飾りとしてもよさそうです。

太めのピンですので、衣類に大きく穴が開くこともあります。
ニットやセーターのような、ざっくりした編みのものが合うかもしれません。
デリケートなものやお気に入りのものなどは様子を見ながらお試しください。

どちらかお好みの大きさをお選びくださいませ。

<庄内地方におけるかご作り>
東北地方の中でも南東北の西側、日本海に面する山形県。
山形の中でも、大きく村山地方、最上地方、置賜地方、庄内地方と
4つの地方に分かれ、それぞれに気候や文化が異なり、特色があります。

山形県では海が近い平野部も多く、いわゆる米どころとして知られる
「庄内地方」においても様々な材でかご作りをしていらっしゃる方がいます。

地図を見てみると、東や南には名だたる名峰が連なる庄内地方。
こちらのアクセサリーを作られる方は、その山々で採れるいろいろな材料から
常に使う人の目線に立って数々の新しいものを作り出し、
実用性はもちろんのこと、胸躍るような楽しい作品を作られています。

コラム