岩手県/すず竹 市場かご(籐巻き手) 中 上
岩手県/すず竹 市場かご(籐巻き手) 中 上
岩手県/すず竹 市場かご(籐巻き手) 中 上
岩手県/すず竹 市場かご(籐巻き手) 中 上
岩手県/すず竹 市場かご(籐巻き手) 中 上
岩手県/すず竹 市場かご(籐巻き手) 中 上
岩手県/すず竹 市場かご(籐巻き手) 中 上
岩手県/すず竹 市場かご(籐巻き手) 中 上
岩手県/すず竹 市場かご(籐巻き手) 中 上
岩手県/すず竹 市場かご(籐巻き手) 中 上
岩手県/すず竹 市場かご(籐巻き手) 中 上のサムネイル画像
岩手県/すず竹 市場かご(籐巻き手) 中 上のサムネイル画像
岩手県/すず竹 市場かご(籐巻き手) 中 上のサムネイル画像
岩手県/すず竹 市場かご(籐巻き手) 中 上のサムネイル画像
岩手県/すず竹 市場かご(籐巻き手) 中 上のサムネイル画像
岩手県/すず竹 市場かご(籐巻き手) 中 上のサムネイル画像
岩手県/すず竹 市場かご(籐巻き手) 中 上のサムネイル画像
岩手県/すず竹 市場かご(籐巻き手) 中 上のサムネイル画像
岩手県/すず竹 市場かご(籐巻き手) 中 上のサムネイル画像
岩手県/すず竹 市場かご(籐巻き手) 中 上のサムネイル画像

岩手県/すず竹 市場かご(籐巻き手) 中 上

かごバッグ(手提げ) / バスケット

16,000円(税込17,600円)

サイズ(外寸) / 重量

約40-42×20-22×高さ25cm(持ち手付き高さ39cm)/680g
NW-B

こちらのページに掲載の商品は、
ポスト投函タイプの「ネコポス」配送はお選びいただけません。

上記のサイズは弊店への入荷分総量のうち、その中間値を表示しており、あくまで目安となります。自然素材を使った手作り品のため、表記サイズから2-3cm前後するものもございます。
収納するところがお決まりの際などは、サイズに余裕を持ってご注文いただきますよう、お願いいたします。

また、ひとつひとつの形・風合い・色味も異なります。
予めご了承いただいた上で、ご注文下さい。

お取り扱いについて

ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。

どの素材においても、できるだけ戸棚などにしまいこまず、風通しのよい場所で保管するようにしてください。

保管の際は、直射日光を避け、湿気の溜まらない、なるべく高い場所に置くと良いです。

雨や水に濡れたら乾いた布で拭き取り、風の通る日陰や室内でよく乾かしてください。

ほこりが溜まらないよう、たわしやブラシなどを使った定期的なブラッシングをおすすめします。

こちらはすず竹で編まれた手提げです。「市場かご」という名前でも親しまれています。
2015年から続く、材料枯れにより竹の採取が難しい中、
こちらのページでは、色味のきれいな竹を選りすぐり、確かな腕で作られた「上」タイプをご紹介します。

以下、黄色味が強いかごの写真は、「特上」のものの写真となります。
現在の「上」はひごの風合いが上記のように変わっておりますので、
よく、ご確認いただき、ご了承いただけたらと思います。

すず竹はその竹表皮のつやつやとした光沢、柔らかく弾力性に富んでいて心地よい手触り、そして丈夫さが特徴です。
またその色味が徐々にあめ色に移り変わっていく経年変化も楽しみのひとつ。
使いこんであめ色に変化してもなお、水洗いすると表皮が艶を帯びるほど優秀な素材です。

日々の買い物でも活躍しますし、キャンプやピクニックに行くときにはお弁当や飲み物、食材などを入れてそのまま車に積み込めます。
旅行などかさばる荷物を持ってのお出掛けのときにも役立ちます。

部屋で収納かごにしてもすてきです。

「市場かご」という名の通り、日々市場に仕入れに行かれる料理屋さんが愛用されているこの手提げかご。
野菜や魚、肉をたっぷりと入れても耐えられる丈夫な作りです。

<岩手県鳥越のすず竹細工>
岩手県二戸郡一戸町にある鳥越地区。
すず竹細工の有名な産地として知られています。

鳥越地区に生息するすず竹は特に強くてしなやかといわれ、
この竹を使って1000年以上も前から丈夫で実用的なすず竹細工がなされてきました。

しかし、2015年頃から数年にわたって岩手県各地ですず竹が一斉に枯れるという現象が起こり、
材料である良質なすず竹を確保することが難しくなってしまった今、
すず竹細工がより貴重なものとなっています。
寿命を迎えると小さく黄色い花を咲かせた後に枯れてしまうそうで、120年に一回現れるという竹枯れの後、
若芽が竹細工に使用できる背丈になるまでには10年、20年とかかるとも言われています。

長年、すず竹細工に携わってきた作り手の皆さんにとっても経験のない事態。
しかし、伝統的な細工を絶やすまいと、山を丁寧に歩き、
通常の何十分の一の量しか取れないすず竹を使い、細工を続けてくださっています。

コラム