秋田県/イタヤカエデ 葉書入れ 四つ目編み・あじろ編み 2種
秋田県/イタヤカエデ 葉書入れ 四つ目編み・あじろ編み 2種
秋田県/イタヤカエデ 葉書入れ 四つ目編み・あじろ編み 2種
秋田県/イタヤカエデ 葉書入れ 四つ目編み・あじろ編み 2種
秋田県/イタヤカエデ 葉書入れ 四つ目編み・あじろ編み 2種
秋田県/イタヤカエデ 葉書入れ 四つ目編み・あじろ編み 2種のサムネイル画像
秋田県/イタヤカエデ 葉書入れ 四つ目編み・あじろ編み 2種のサムネイル画像
秋田県/イタヤカエデ 葉書入れ 四つ目編み・あじろ編み 2種のサムネイル画像
秋田県/イタヤカエデ 葉書入れ 四つ目編み・あじろ編み 2種のサムネイル画像
秋田県/イタヤカエデ 葉書入れ 四つ目編み・あじろ編み 2種のサムネイル画像

秋田県/イタヤカエデ 葉書入れ 四つ目編み・あじろ編み 2種

収納かご / 整理かご

3,500円(税込3,850円)

 
タイプ
四ツ目編み/3,500円
あじろ編み/4,000円

サイズ(外寸) / 重量

両タイプともに
約17x7x高さ13cm/50g

自然素材を使った手作りのものの為、一つ一つの形・風合い・色味が異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。
表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて

ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。

どの素材においても、できるだけ戸棚などにしまいこまず、風通しのよい場所で保管するようにしてください。

保管の際は、直射日光を避け、湿気の溜まらない、なるべく高い場所に置くと良いです。

雨や水に濡れたら乾いた布で拭き取り、風の通る日陰や室内でよく乾かしてください。

ほこりが溜まらないよう、たわしやブラシなどを使った定期的なブラッシングをおすすめします。

秋田県中部の秋田市、大仙市、仙北市のエリアを中心に
200年ほど前から農閑期における農家の副業として、
イタヤカエデを使用した細工が作られていました。

イタヤカエデは楓(かえで)の一種ですが、
雨宿りができるくらいに、葉がよく繁り、板でふいた屋根の様子から
その名「板屋楓」がついたと言われています。

北海道と秋田県に多く生息しているため、豊富に材料が近くにあったことや、
近くの行商が集まる大曲や横手での「市(いち)」における需要があったため、
細工をする人がたくさんいたそうです。そこで物々交換をしていたこともあったとのこと。
秋田県仙北市では、最盛期には40軒近くもイタヤカエデ細工に従事する世帯がありました。
その時代はほとんどの世帯が農家で使う「箕(み)」を製作していたとのことです。

秋の雪が降る前に材料を刈り出しておき、
必要分以外は雪の中に保管するなどしてその独特の白色を保つようにしておきます。
丸太の状態のものを、八つ割りほどの荒割から始まり、
機械も途中で入れはしますが、大半は手作業でのひご取りをします。
薄くテープ状にし、1mm程度の厚さにまで材料を作っていきます。

山に入り、木を切ってくれる人も、大変少なくなり、
今や貴重な材料を使っての細工となっています。

こちらのページではそのイタヤカエデを使って作られた葉書入れをご紹介します。
サイズは同じで編み方の違う2種類です。
写真左は「四つ目編み」、写真右は「あじろ編み」という編み方で仕上げられています。

どちらのタイプも同じサイズです。順番にご紹介していきます。

どちらのタイプも葉書であれば、横にしたら、すっぽり入りますし、
縦に入れると少し頭が出るような感じで使うことができます。
四つ目編みは中の様子がほんのり見えるのに対して、
あじろ編みは目が詰まっているので、中に入っているものが見えにくいです。

一応、かごだけで自立しますが、お使いになるときは立てかけるか、
壁に画鋲などを使って刺されたほうがいいかもしれません。
あじろ編みは編み目が細かいですが、すき間はありますので、
そこに画鋲等を刺して、壁に固定するのもいいと思います。

壁に直接固定しなくても、編み目の間に糸を通して、吊るすように使うこともできます。
お部屋の状況に合わせて使ってみてくださいね。

イタヤカエデ細工は現代の生活にもなじみやすいその白さや
丁寧なひご取りと面取りで木とは思えないほどの手触りが特徴です。
また、丈夫で、軽く、経年変化でゆるやかに飴色になっていくのも楽しめます。

日々、たまっていきがちな郵便物の中で、
後でしっかり見たいお気に入りのお店からのダイレクトメールや
返事をしたいご家族やご友人からの葉書等、
処分する他の郵便物と区別する一時的な保管かごとしても、重宝しそうです。


編み目の開いている「四つ目編み」タイプ、
または、目の詰まった「あじろ編み」タイプ、お好みに合わせてお選びください。