福島県/根曲竹 六ツ目バスケット(舟形)
福島県/根曲竹 六ツ目バスケット(舟形)
福島県/根曲竹 六ツ目バスケット(舟形)
福島県/根曲竹 六ツ目バスケット(舟形)
福島県/根曲竹 六ツ目バスケット(舟形)
福島県/根曲竹 六ツ目バスケット(舟形)
福島県/根曲竹 六ツ目バスケット(舟形)
福島県/根曲竹 六ツ目バスケット(舟形)のサムネイル画像
福島県/根曲竹 六ツ目バスケット(舟形)のサムネイル画像
福島県/根曲竹 六ツ目バスケット(舟形)のサムネイル画像
福島県/根曲竹 六ツ目バスケット(舟形)のサムネイル画像
福島県/根曲竹 六ツ目バスケット(舟形)のサムネイル画像
福島県/根曲竹 六ツ目バスケット(舟形)のサムネイル画像
福島県/根曲竹 六ツ目バスケット(舟形)のサムネイル画像

福島県/根曲竹 六ツ目バスケット(舟形)

かごバッグ(手提げ) / バスケット

8,000円(税込8,800円)

サイズ(外寸) / 重量

約32-39x34-38x高さ14-17cm(持ち手付き高さ30-33cm)/250g

こちらのページに掲載の商品は、
ポスト投函タイプの「ネコポス」配送はお選びいただけません。

上記のサイズは弊店への入荷分総量のうち、その中間値を表示しており、あくまで目安となります。自然素材を使った手作り品のため、表記サイズから2-3cm前後するものもございます。
収納するところがお決まりの際などは、サイズに余裕を持ってご注文いただきますよう、お願いいたします。

また、ひとつひとつの形・風合い・色味も異なります。
予めご了承いただいた上で、ご注文下さい。

お取り扱いについて

ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。

どの素材においても、できるだけ戸棚などにしまいこまず、風通しのよい場所で保管するようにしてください。

保管の際は、直射日光を避け、湿気の溜まらない、なるべく高い場所に置くと良いです。

雨や水に濡れたら乾いた布で拭き取り、風の通る日陰や室内でよく乾かしてください。

ほこりが溜まらないよう、たわしやブラシなどを使った定期的なブラッシングをおすすめします。

福島県の喜多方市雄国(おぐに)地区の根曲竹細工は、その部落ごとに作るものが異なっていました。ある部落はざる専門、またある部落はかご専門といったように。

ニッコウキスゲの大群落のある雄国沼周辺で採る根曲竹は、通称で竹と言っていますが、直径は5~8mmしかなく、寒く雪深い山など高いところに育つ笹の1種です。

江戸時代の初めのころから、この根曲竹をナタだけで加工・細工して編み上げ、
日常生活で使うざるやかごなどの道具を作っていました。
この地域での竹細工は、農作業が行えない冬の時期に副収入を得るための大切な仕事でもありました。

その根曲竹のこちらはシンプルな六ツ目編みではありながら、特徴的な形をしたバスケットです。横から見ると、舟のような形に見えることから、このようなかごには「舟形」などという名前がつけられます。

取っ手がついていることで、使える範囲が広くなりそうです。家庭菜園の収穫かごにもよさそうです。
たとえ泥や汚れがついても、シャカシャカたわしで水洗いをしていただければ、
すぐにきれいになりますから、屋外でも屋内でもお使いいただけます。
水で濡れた場合は風通しのいいところでしっかりと陰干しも忘れずにしてください。

キッチンまわりでじゃがいもや玉ねぎなどの野菜をごろごろと入れておいてもいいですし、
りんごやみかんにバナナなど、果物の盛りかごとしても入れたものを引き立ててくれそうです。

野趣を感じることができる根曲竹のバスケット、
日々の暮らしの飾らない、しかし、滋味深い味わいが、きっとこのかごから出てくることと思います。

<福島県雄国の根曲竹細工>

素朴で無骨、そして頑丈なのが、雄国の根曲竹細工の特徴です。
幅をあまりそろえすぎずに、ひごを厚くとったり、
縁に半割にしただけの根曲竹をそのまま使用したりします。

作り手の好きな形、思いのままの形に成形するというよりは、
しなやかで強靭な根曲竹の性格をそのまま利用して、あとは人の手で形を整えていきます。

自然の野趣が感じられる、滋味深い雰囲気が根曲竹細工オリジナルの魅力とも言えます。

コラム