茨城県/真竹 塩かご(収納かご) 正方形・長方形 2種
茨城県/真竹 塩かご(収納かご) 正方形・長方形 2種
茨城県/真竹 塩かご(収納かご) 正方形・長方形 2種
茨城県/真竹 塩かご(収納かご) 正方形・長方形 2種
茨城県/真竹 塩かご(収納かご) 正方形・長方形 2種
茨城県/真竹 塩かご(収納かご) 正方形・長方形 2種
茨城県/真竹 塩かご(収納かご) 正方形・長方形 2種
茨城県/真竹 塩かご(収納かご) 正方形・長方形 2種
茨城県/真竹 塩かご(収納かご) 正方形・長方形 2種
茨城県/真竹 塩かご(収納かご) 正方形・長方形 2種のサムネイル画像
茨城県/真竹 塩かご(収納かご) 正方形・長方形 2種のサムネイル画像
茨城県/真竹 塩かご(収納かご) 正方形・長方形 2種のサムネイル画像
茨城県/真竹 塩かご(収納かご) 正方形・長方形 2種のサムネイル画像
茨城県/真竹 塩かご(収納かご) 正方形・長方形 2種のサムネイル画像
茨城県/真竹 塩かご(収納かご) 正方形・長方形 2種のサムネイル画像
茨城県/真竹 塩かご(収納かご) 正方形・長方形 2種のサムネイル画像
茨城県/真竹 塩かご(収納かご) 正方形・長方形 2種のサムネイル画像
茨城県/真竹 塩かご(収納かご) 正方形・長方形 2種のサムネイル画像

茨城県/真竹 塩かご(収納かご) 正方形・長方形 2種

収納かご / 整理かご

10,000円(税込11,000円)

 
タイプ
正方形タイプ/10,000円
長方形タイプ/13,000円

サイズ(外寸) / 重量

正方形タイプ:約22x22x高さ11cm/240g
長方形タイプ:約34x23x高さ11cm/360g

こちらのページに掲載の商品は、どのサイズ・タイプにおきましても、
ポスト投函タイプの「ネコポス」配送はお選びいただけません。

上記のサイズは弊店への入荷分総量のうち、その中間値を表示しており、あくまで目安となります。自然素材を使った手作り品のため、表記サイズから2-3cm前後するものもございます。
収納するところがお決まりの際などは、サイズに余裕を持ってご注文いただきますよう、お願いいたします。

また、ひとつひとつの形・風合い・色味も異なります。
予めご了承いただいた上で、ご注文下さい。

お取り扱いについて

ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。

どの素材においても、できるだけ戸棚などにしまいこまず、風通しのよい場所で保管するようにしてください。

保管の際は、直射日光を避け、湿気の溜まらない、なるべく高い場所に置くと良いです。

雨や水に濡れたら乾いた布で拭き取り、風の通る日陰や室内でよく乾かしてください。

ほこりが溜まらないよう、たわしやブラシなどを使った定期的なブラッシングをおすすめします。

大相撲をご覧になったことがあれば、
塩をまく力士の姿をご想像いただけると思います。
こちらの「塩かご」は、その力士が土俵にまく塩を入れるのに使われているかごです。

その昔、その年の収穫を占う一つの儀式として
大相撲が行われていたとされています。
その歴史は古く1500年以上前に遡ります。
塩をまくことにはこれから相撲を取る神聖な場を清めるという意と、
力士の擦り傷を消毒する意味もあったそうです。

長く続いてきた伝統文化の一端を担っているのが、
こちらの竹で作られた塩かごです。

弊店では、まさに今の大相撲で使われている塩かごを製作している職人さんに、
このかごを作っていただいております。
こちらの職人が作ったものを
全国すべての場所で使用しているかはわかりませんが、
多くの土俵でこちらの方製作の塩かごが使われているといえます。

いつからこの形、この竹をベースとして作られているのか、
どうして縁巻きは籐(とう)になったのかなど、はっきりしたことはわかっておりません。
籐(とう)は、日本には自生しておらず、
竹細工に使用しているものは、ほぼインドネシアから輸入したものです。

ですから、もとは塩かごも竹のみで仕上げられていたかもしれませんし、
はたまた籐とは別の素材を使って、仕上げていた可能性もあります。
現在作られている職人さんも、先輩から受け継いだときにはこの形だったため
元来の塩かごの形などの歴史については、詳しくわからないとのことです。

比較的小さめなかごのサイズでこういった丈夫な作りをするのは、
使われる場面がはっきりしているからです。

幕内力士からしか塩をまかないとはいえ、
一日の取り組みで45kg、千秋楽までで考えると650kgほどの塩をが使われているそうです。
そして、取り組みの中で、このかごに力士の体が当たらないとも限りません。
ちょっとやそっとではびくともしない作りがここにあります。

ご家庭での使用に引きつけて考えてみると、
このようながっちりとした正方形の小さいかごは現在少なく、
家の中にあるいろいろなものが収納できそうです。

それでは、2サイズをご紹介していきます。

ジャムや飲み物の瓶、缶などの重さがあるもののストック入れとしたり、
ハンカチやハンドタオルをまとめておくかごとしてもよいサイズです。

日々使う、体温計や塗り薬、充電器など細々したものを入れておいて、
リビングと寝室の通いかごとしても活躍します。
がっちりしてますので、お子さんが荒っぽく扱っても大丈夫ですよ。

こちらの長方形タイプは、パスタやうどん、そばにそうめんなどの乾麺を横置きでストックできたり、
出汁などの乾物を並べて入れたり、
にんじん、玉ねぎ、じゃがいもなど根菜をごろごろ入れて置いたりするのに活躍します。
泥や砂が気になる場合はかごの中に紙を敷いたりして、お使いください。

こちらのように四角いタイプのかごは並べて使うのも良さそうです。

本来の使い方はもちろんですが、
職人さんも人それぞれ自由な使い方を楽しんでほしいとのこと。

収納かごとして、台所やリビング、寝室など、
さまざまなシーンでお楽しみください。

どちらかお好みの形をお選びくださいませ。

<茨城の竹職人>
茨城県には、現役で活躍されている熟練の竹細工職人が数人、
後進の育成をしながら、今でも仕事に取り組んでいらっしゃいます。

かつて、当然のように竹細工が暮らしの道具であった時代に、
親御さんから仕事を受け継いだ方もいらっしゃれば、
東京の竹工所などでお仕事をされ、技術を磨いた方もいらっしゃいました。

昔ながらの職人気質が残っていながらも、
気優しい方が多く、弊店も大変お世話になっております。
そんな昔の職人さんは基本的には「何でも」作れる方が多く、
荒物から竹工芸まで竹細工の様々な「モノの作り方」をご存知です。

コラム