茨城県/真竹 三本手角かご 足つき 中・大 2サイズ
茨城県/真竹 三本手角かご 足つき 中・大 2サイズ
茨城県/真竹 三本手角かご 足つき 中・大 2サイズ
茨城県/真竹 三本手角かご 足つき 中・大 2サイズ
茨城県/真竹 三本手角かご 足つき 中・大 2サイズ
茨城県/真竹 三本手角かご 足つき 中・大 2サイズのサムネイル画像
茨城県/真竹 三本手角かご 足つき 中・大 2サイズのサムネイル画像
茨城県/真竹 三本手角かご 足つき 中・大 2サイズのサムネイル画像
茨城県/真竹 三本手角かご 足つき 中・大 2サイズのサムネイル画像
茨城県/真竹 三本手角かご 足つき 中・大 2サイズのサムネイル画像

茨城県/真竹 三本手角かご 足つき 中・大 2サイズ

かごバッグ(手提げ) / バスケット

17,000円(税込18,700円)

 
サイズ
中サイズ/17,000円
大サイズ/20,000円

サイズ(外寸) / 重量

中サイズ:約32x27x高さ19cm(持ち手付き高さ45cm)/920g
大サイズ:約43x32x高さ27cm(持ち手付き高さ48cm)/1,400g

自然素材を使った手作りのものの為、一つ一つの形・風合い・色味が異なります。
予めご了承いただいた上でご購入いただけると幸いです。
表示サイズ、重量などは目安となります。

お取り扱いについて

ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。

どの素材においても、できるだけ戸棚などにしまいこまず、風通しのよい場所で保管するようにしてください。

保管の際は、直射日光を避け、湿気の溜まらない、なるべく高い場所に置くと良いです。

雨や水に濡れたら乾いた布で拭き取り、風の通る日陰や室内でよく乾かしてください。

ほこりが溜まらないよう、たわしやブラシなどを使った定期的なブラッシングをおすすめします。

こちらは青い真竹で持ち手がついた、足つきの角籠(かくかご)です。
中サイズと大サイズの2サイズがあります。

角籠という、こういったタイプの籠は、
太い竹を削ったり、火を使って竹を折り曲げたりと
「長い直線の竹を四角形にする」という独特の技術が必要とされます。
現代において、この角籠が製作できる技術を持った職人は、
ほとんどいなくなってしまったと言っていい程です。

そしてこの手付きの足付き角かご、実は復刻版でもあります。
元々は新潟県佐渡島において、この形の籠が盛んに作られていた時代がありました。
しかし、佐渡島では現在、作られていません。

弊店にいくつか古いものが残っていたため、
茨城県の職人さんにお願いをして、再現していただきました。

写真左が佐渡のもの、右が茨城県の職人が復刻したものです。

職人さんにこれを再現してほしい旨をお伝えすると、
「自分がやってきた仕上げ方で良ければ、作るよ」とのお言葉をいただき、
念願かなったものです。

この職人さんは業務用としての角籠を作られていたことがあったため、
この籠の製作が可能だったということです。
そのため、佐渡島製のものとは細かな部分の仕上げは違います。
再現(コピー)というよりは、音楽で言う「カバー」に近いかもしれません。

真竹の青竹細工の強みの一つは、
笹のような細い竹を使う細工と違い、厚みや幅が取れることによって、
業務用やハードユースに耐えうる強さを持っていることです。

全く同じ仕様を再現することは部品の関係等でできていないものの、
竹細工のみで生計を立ててきたこの職人から作られた籠は、
使う方にとってはこの上なく信頼できる籠になることと思います。

サイズは中サイズと大サイズの2サイズを順にご紹介します。

持ち手があることで、掃除のときやちょっと場所を変えたいときにも、
バランスよくかごを持つことができます。
また、手つきのかごはそこにあるだけで、空間を演出してくれます。

一度途絶えてしまったこの形のかご、
再び、暮らしの中で活躍してくれることと思います。
サイズを比べていただき、お好みの方をお選びくださいませ。

<茨城県の竹職人>
茨城県には熟練の竹職人がまだ数人残っており、
後進の育成をしつつ、現在も仕事に取り組んでらっしゃいます。

かつて、竹製品が当然のように暮らしの道具であった時代に、
親御さんから受け継いだ方もいらっしゃれば、
東京の竹工所などでお仕事をされ、技術を磨いた方も多くいらっしゃいました。

昔ながらの職人気質が残っていながらも、
気優しい方が多く、弊店も大変お世話になっております。
そんな昔の職人さんは基本的には「何でも」作れる方が多く、
荒物から竹工芸まで竹細工の様々な「モノの作り方」をご存知です。