長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上のサムネイル画像
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上のサムネイル画像
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上のサムネイル画像
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上のサムネイル画像
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上のサムネイル画像
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上のサムネイル画像
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上のサムネイル画像
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上のサムネイル画像
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上のサムネイル画像
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上のサムネイル画像
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上のサムネイル画像
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上のサムネイル画像
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上のサムネイル画像
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上のサムネイル画像
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上のサムネイル画像
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上のサムネイル画像
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上のサムネイル画像
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上のサムネイル画像
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上のサムネイル画像
長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上のサムネイル画像

長野県/根曲竹 かばんかご 小 特上

かごバッグ(手提げ) / バスケット

20,000円(税込22,000円)

サイズ(外寸) / 重量

約32-33.5x22x高さ20cm(持ち手付き高さ41-44cm・かごの高さ16.5cm)/270g

こちらのページに掲載の商品は、どのサイズ・タイプにおきましても、
ポスト投函タイプの「ネコポス」配送はお選びいただけません。

上記のサイズは弊店への入荷分総量のうち、その中間値を表示しており、あくまで目安となります。自然素材を使った手作り品のため、表記サイズから2-3cm前後するものもございます。
収納するところがお決まりの際などは、サイズに余裕を持ってご注文いただきますよう、お願いいたします。

また、ひとつひとつの形・風合い・色味も異なります。
予めご了承いただいた上で、ご注文下さい。

お取り扱いについて

ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。

どの素材においても、できるだけ戸棚などにしまいこまず、風通しのよい場所で保管するようにしてください。

保管の際は、直射日光を避け、湿気の溜まらない、なるべく高い場所に置くと良いです。

雨や水に濡れたら乾いた布で拭き取り、風の通る日陰や室内でよく乾かしてください。

ほこりが溜まらないよう、たわしやブラシなどを使った定期的なブラッシングをおすすめします。

長野県戸隠では、暮らしの中で使われる道具として
ざる、びく、目かご(茶碗かご)、箕(み)の4つを
代表的な根曲竹細工(ねまがりたけさいく)としています。

ほかにも、生活の用具として多様なざるやかごが編まれており、
こちらは茶碗かごと同じ技法を使って編まれた、持ち手と高台の付いた手提げです。

産地では「かばんかご」や「買い物かご」とも呼ばれています。
こちらのページでは、「小サイズ」、特上仕上げのものをご紹介します。

室内で新聞や雑誌を入れておくマガジンラックとして。

高台がついて、通気がよいため、野菜のストックにもおすすめです。
缶や瓶など保存食の保管や、玄関先でスリッパを入れてもよさそうです。

長い持ち手は持ち運びにも便利で、お弁当や水筒などを詰めて
ピクニックや川遊び、キャンプなどにも活躍します。

青森や福島にも見られる根曲竹細工ですが、
こちらの「かばんかご」は長野ならではの、特徴的な形です。

細編みで特上仕上げ、柔らかみのある落ち着いた佇まい。
いろいろなシーンでお楽しみください。

<長野県戸隠の根曲竹細工>
江戸時代初期から戸隠中社地区の人々の生活の糧として始まりました。
平地が少なく水田がない戸隠においては竹が年貢として特例で認められるほど、
暮らしと竹が密接に関わりあっていました。
明治時代から昭和中期にかけては養蚕業が盛んになるにつれて、
蚕籠(かいごかご)の需要が高まり、根曲竹細工の生産量、職人数ともに最盛期を迎えました。

材料採取は、国有林から伐採の権利を借りて行われており、
大切な資源保護のため、春のタケノコの時期には乱獲されないよう
「筍番」を竹細工生産組合の組合員が交代で行っています。

そうして採取された根曲竹は、表面を磨いて四つ割りにされ、皮と身を分けてひごにされ、編まれていきます。
仕上がりの美しさと丈夫さ、そして根曲竹独特の温もりを感じる実用品の数々は、
現代でも広く愛用されており、色味などが経年変化をする楽しみも味わうことができます。

コラム