エストニア/パイン ポテトバスケット
エストニア/パイン ポテトバスケット
エストニア/パイン ポテトバスケット
エストニア/パイン ポテトバスケット
エストニア/パイン ポテトバスケット
エストニア/パイン ポテトバスケット
エストニア/パイン ポテトバスケット
エストニア/パイン ポテトバスケット
エストニア/パイン ポテトバスケット
エストニア/パイン ポテトバスケット
エストニア/パイン ポテトバスケット
エストニア/パイン ポテトバスケット
エストニア/パイン ポテトバスケット
エストニア/パイン ポテトバスケット
エストニア/パイン ポテトバスケット
エストニア/パイン ポテトバスケット
エストニア/パイン ポテトバスケット
エストニア/パイン ポテトバスケット
エストニア/パイン ポテトバスケット
エストニア/パイン ポテトバスケットのサムネイル画像
エストニア/パイン ポテトバスケットのサムネイル画像
エストニア/パイン ポテトバスケットのサムネイル画像
エストニア/パイン ポテトバスケットのサムネイル画像
エストニア/パイン ポテトバスケットのサムネイル画像
エストニア/パイン ポテトバスケットのサムネイル画像
エストニア/パイン ポテトバスケットのサムネイル画像
エストニア/パイン ポテトバスケットのサムネイル画像
エストニア/パイン ポテトバスケットのサムネイル画像
エストニア/パイン ポテトバスケットのサムネイル画像
エストニア/パイン ポテトバスケットのサムネイル画像
エストニア/パイン ポテトバスケットのサムネイル画像
エストニア/パイン ポテトバスケットのサムネイル画像
エストニア/パイン ポテトバスケットのサムネイル画像
エストニア/パイン ポテトバスケットのサムネイル画像
エストニア/パイン ポテトバスケットのサムネイル画像
エストニア/パイン ポテトバスケットのサムネイル画像
エストニア/パイン ポテトバスケットのサムネイル画像
エストニア/パイン ポテトバスケットのサムネイル画像

エストニア/パイン ポテトバスケット

ものをしまう / 入れておく

3,900円(税込4,290円)

サイズ(外寸) / 重量

約38cmx32cmx高さ21cm(持ち手付き高さ29cm)/620g

こちらのページに掲載の商品は、
ポスト投函タイプの「ネコポス」配送はお選びいただけません。

上記のサイズは弊店への入荷分総量のうち、その中間値を表示しており、あくまで目安となります。自然素材を使った手作り品のため、表記サイズから2-3cm前後するものもございます。
収納するところがお決まりの際などは、サイズに余裕を持ってご注文いただきますよう、お願いいたします。

また、ひとつひとつの形・風合い・色味も異なります。
予めご了承いただいた上で、ご注文下さい。

お取り扱いについて

ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。

どの素材においても、できるだけ戸棚などにしまいこまず、風通しのよい場所で保管するようにしてください。

保管の際は、直射日光を避け、湿気の溜まらない、なるべく高い場所に置くと良いです。

雨や水に濡れたら乾いた布で拭き取り、風の通る日陰や室内でよく乾かしてください。

ほこりが溜まらないよう、たわしやブラシなどを使った定期的なブラッシングをおすすめします。

こちらは「パイン」という木材から作られたかごです。
パインとは、欧米でよく見られるマツ科の針葉樹で、加工がしやすいことから
家具、柱や梁、床の材料としてもよく使われています。

こちらはエストニア産パインを使用しています。樹齢100〜120年のパイン材がかごの加工には適しているとのこと。

こちらではそのパインを使った、「ポテトバスケット」と名付けられたかごをご紹介します。
緯度としては北海道よりも北に位置するエストニアにおいて、じゃがいもは主食の一つ。
寒冷地でも安定して収穫できるじゃがいもは、エストニアの人々にとって大切な食べ物です。
日本にも同様に「いも洗いかご」などと、やはり芋にまつわるかごがあります。

横幅約34cm、奥行き26cm、高さ21cmとたっぷりとじゃがいもを入れられる容量があります。

ポテトバスケットと名付けられているように、冬の間のたっぷりのじゃがいもや玉ねぎ入れとして。

ご家庭の中でお使いになるのでしたら、
洗濯機に入れる前にご家族の脱いだ衣類を入れておく脱衣かごとしても。
濡れた衣類を入れる仕様ではありませんので、お気をつけください。

その他、リビングでブランケットやクッションの居場所としても。
お子様がいらっしゃれば、お絵かきセット入れやおもちゃ入れとしてもよさそうです。

冬を越すための実用的な使い方もできれば、
ご家庭の中でもしっかりとした容量の収納かごとしても活躍の場がありそうです。

–エストニア アビヌルメ村のパインかご作り–

エストニア東部、ロシアとの国境にある国内最大の湖ペイプシ湖に程近い
アビヌルメ村では、200年以上前から「パイン(=マツ科の植物)」を使ってかごが作られています。

このアビヌルメ村で、エストニア産のパイン材を使用し、
25年に渡ってかご作りをされる、ご家族で経営されている工房があります。
そちらの工房で作られるかごは、実にシンプルで、
幅広の材を編み重ねた、パイン材の素材感を存分に楽しめるものです。
また、ねじりのある持ち手には白樺を使用するなど、
北ヨーロッパならではの材料、色味が特色です。

20人もの作り手を抱えるこちらの工房では、仕上がったかごの品質を維持し、
作り手にフィードバックするために、ご家族以外の作り手のものには、
かごの底にイニシャルを入れています。

「LIFE(=人々の生活)」や、お客様のリクエストからデザインされるという彼らのかごは、
エストニア国内ではもちろん、他の地域においても、
シンプルなデザインと、実用的であることから広く支持されています。

幅広いラインナップから、お気に入りの形やサイズがきっと見つかるのではないかと思います。

コラム