宮城県/篠竹 目かご(小豆洗い) 上 浅 小・大 2サイズ
宮城県/篠竹 目かご(小豆洗い) 上 浅 小・大 2サイズ
宮城県/篠竹 目かご(小豆洗い) 上 浅 小・大 2サイズ
宮城県/篠竹 目かご(小豆洗い) 上 浅 小・大 2サイズ
宮城県/篠竹 目かご(小豆洗い) 上 浅 小・大 2サイズ
宮城県/篠竹 目かご(小豆洗い) 上 浅 小・大 2サイズ
宮城県/篠竹 目かご(小豆洗い) 上 浅 小・大 2サイズ
宮城県/篠竹 目かご(小豆洗い) 上 浅 小・大 2サイズ
宮城県/篠竹 目かご(小豆洗い) 上 浅 小・大 2サイズ
宮城県/篠竹 目かご(小豆洗い) 上 浅 小・大 2サイズ
宮城県/篠竹 目かご(小豆洗い) 上 浅 小・大 2サイズ
宮城県/篠竹 目かご(小豆洗い) 上 浅 小・大 2サイズ
宮城県/篠竹 目かご(小豆洗い) 上 浅 小・大 2サイズのサムネイル画像
宮城県/篠竹 目かご(小豆洗い) 上 浅 小・大 2サイズのサムネイル画像
宮城県/篠竹 目かご(小豆洗い) 上 浅 小・大 2サイズのサムネイル画像
宮城県/篠竹 目かご(小豆洗い) 上 浅 小・大 2サイズのサムネイル画像
宮城県/篠竹 目かご(小豆洗い) 上 浅 小・大 2サイズのサムネイル画像
宮城県/篠竹 目かご(小豆洗い) 上 浅 小・大 2サイズのサムネイル画像
宮城県/篠竹 目かご(小豆洗い) 上 浅 小・大 2サイズのサムネイル画像
宮城県/篠竹 目かご(小豆洗い) 上 浅 小・大 2サイズのサムネイル画像
宮城県/篠竹 目かご(小豆洗い) 上 浅 小・大 2サイズのサムネイル画像
宮城県/篠竹 目かご(小豆洗い) 上 浅 小・大 2サイズのサムネイル画像
宮城県/篠竹 目かご(小豆洗い) 上 浅 小・大 2サイズのサムネイル画像
宮城県/篠竹 目かご(小豆洗い) 上 浅 小・大 2サイズのサムネイル画像

宮城県/篠竹 目かご(小豆洗い) 上 浅 小・大 2サイズ

野菜水切りざる

3,200円(税込3,520円)

 
サイズ
小サイズ / 3,520円(税込)
大サイズ / 3,740円(税込)

サイズ(外寸) / 重量

小サイズ:約直径17-20x高さ7cm/40g
大サイズ:約直径21-24x高さ7cm/50g
NW-B

こちらのページに掲載の商品は、どのサイズ・タイプにおきましても、
ポスト投函タイプの「ネコポス」配送はお選びいただけません。

上記のサイズは弊店への入荷分総量のうち、その中間値を表示しており、あくまで目安となります。自然素材を使った手作り品のため、表記サイズから2-3cm前後するものもございます。
収納するところがお決まりの際などは、サイズに余裕を持ってご注文いただきますよう、お願いいたします。

また、ひとつひとつの形・風合い・色味も異なります。
予めご了承いただいた上で、ご注文下さい。

お取り扱いについて

ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。

どの素材においても、できるだけ戸棚などにしまいこまず、風通しのよい場所で保管するようにしてください。

保管の際は、直射日光を避け、湿気の溜まらない、なるべく高い場所に置くと良いです。

雨や水に濡れたら乾いた布で拭き取り、風の通る日陰や室内でよく乾かしてください。

ほこりが溜まらないよう、たわしやブラシなどを使った定期的なブラッシングをおすすめします。

こちらは規則的に並ぶ六角形が特徴的な目かごです。


「目かご」とは、編み目が開いているかごやざるの総称で、「目ざる」と呼ぶ場合もあります。
その目かごの中でも、編み目の細かい「小豆洗い(あずきあらい)」と呼ばれるタイプで、
さらにぐっと高さを低くしたものがこちらです。
こちらは小と大の2サイズがあります。

それでは、サイズを順にご紹介します。

名前の通り、もとは小豆を洗うのに使われていました。
小豆といっても、大きさや種類がいろいろありますが、
その中では比較的大粒のものを洗うぐらいの目の大きさとなります。

産地では以前は、他にも山菜やきのこ、貝を洗う目かごというのがそれぞれにあり、
いかに用途によってざるやかごが細分化されていたかがわかります。
人々が日々の暮らしを快適に過ごせるよう、職人たちが作り分けていたのです。

宮城県の篠竹細工は他の竹細工に比べ、材料も柔らかく、ひごも細めです。
重いものを乗せて運んだりするかごではありませんので、
水分で重みのある果物などを入れた場合のお取り扱いにご注意ください。

例えば、枝豆をこの中で水洗い・塩もみをして、鍋に入れます。
茹で上がったら、この目かごにお湯ごとザーッと湯切りをして、
そのまま小皿を敷けば、器として卓上に出すこともできます。

仕込みの道具でありながら、そのまま卓上の器になることもできます。
さらに、お食事中もその風合いも楽しませてくれます。

他にもザクザクと切った野菜をボールを敷いて、じゃぶじゃぶと洗ったり、
あさりやしじみなど貝類をじゃらじゃらと洗ったり。
またはいちごやぶどうなど果物類を洗うのにも日々活躍することと思います。

軽くて、しなやかな篠竹の質感や風合いを存分に楽しめるこの目かご。
洗った後は、S字フックなどに引っかけて乾かしておくのもお勧めです。
また、乾いた後、使わないときはこのように入れ子にもできます。

宮城の伝統的な篠竹細工の中でも特徴的な名前で、きれいな仕上がりです。
物を入れたまま運んだり、動かさないことを前提として、
果物かごにしたり、コップや食器類を伏せるかごとしてお使いの方もいらっしゃいます

現在は小豆や豆類を洗う機会は少なくなっているかもしれませんが、
台所の水切りざるや多用途のかごとして、日々お使いくださいませ。

いずれかお好みのサイズをお選びください。

<宮城県岩出山の篠竹細工>

宮城県の仙台市よりも50キロほど北部に位置する大崎市岩出山地区では、
江戸時代のころから武家の内職でかごやざる作りが始まったと言われています。
その地域に自生していた篠竹(しのたけ)と呼ばれるしなやかな笹を使い、
暮らしの道具や業務用として、用途に合わせて作っていました。

宮城県の篠竹細工は何よりとても軽く、手当たりも柔らかいため、
日々の台所まわりにおいて、とても使い勝手が良いことで知られています。

最盛期は80種類以上のかごやざるが作られていましたが、
時代の流れとともに種類も生産量も減少しており、
縁に真竹を使用しないなど、いわゆる篠竹だけを使った昔ながらの素朴な
ざるやかごは、数名のご高齢の方々が作るもののみとなっています

コラム