千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズ
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズ
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズ
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズ
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズ
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズ
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズ
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズ
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズ
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズ
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズ
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズ
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズ
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズ
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズ
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズのサムネイル画像
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズのサムネイル画像
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズのサムネイル画像
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズのサムネイル画像
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズのサムネイル画像
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズのサムネイル画像
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズのサムネイル画像
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズのサムネイル画像
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズのサムネイル画像
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズのサムネイル画像
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズのサムネイル画像
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズのサムネイル画像
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズのサムネイル画像
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズのサムネイル画像
千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズのサムネイル画像

千葉県/真竹(白竹) 鍋敷き 小・大 2サイズ

鍋敷き / コースター / 円座 / マット

3,000円(税込3,300円)

 
サイズ
小サイズ / 3,300円(税込)
大サイズ / 4,180円(税込)

サイズ(外寸) / 重量

小サイズ:約直径18×厚さ2cm/60g
大サイズ:約直径21×厚さ2cm/90g

こちらのページに掲載の商品は、
ポスト投函タイプの「ネコポス」配送はお選びいただけません。

上記のサイズは弊店への入荷分総量のうち、その中間値を表示しており、あくまで目安となります。自然素材を使った手作り品のため、表記サイズから2-3cm前後するものもございます。
収納するところがお決まりの際などは、サイズに余裕を持ってご注文いただきますよう、お願いいたします。

また、ひとつひとつの形・風合い・色味も異なります。
予めご了承いただいた上で、ご注文下さい。

お取り扱いについて

ささくれや破片でお体や衣類などを傷めないようご注意ください。

どの素材においても、できるだけ戸棚などにしまいこまず、風通しのよい場所で保管するようにしてください。

保管の際は、直射日光を避け、湿気の溜まらない、なるべく高い場所に置くと良いです。

雨や水に濡れたら乾いた布で拭き取り、風の通る日陰や室内でよく乾かしてください。

ほこりが溜まらないよう、たわしやブラシなどを使った定期的なブラッシングをおすすめします。

いま現在、竹細工の作り手を志望する方が
体系的に学ぶことができる公的な機関としては、
・大分県別府市にある「大分県立 竹工芸訓練センター」と
・京都府南丹市にある「京都伝統工芸大学校」の
2つがあります。

むかしのように、師匠となる人のもとに住み込み、
共に生活をしながら技術を習得していくというような
徒弟制がほぼ見られなくなってしまった今では、
これらの機関は、それぞれに少し性質は異なりますが、
竹細工を基礎から学べるという点において
どちらも貴重な場所となっています。

そのうちの「京都伝統工芸大学校」を卒業され、
地元である千葉県で竹細工を生業として選び、
日々取り組まれている方がいらっしゃいます。

こちらはその方が作られた竹製の鍋敷きです。

しなやかさと固さ、丈夫さの両方を兼ね備えた竹ならではの特性が
こちらの鍋敷きには活かされているように思います。

熱いお湯の入ったやかんやクツクツと熱い土鍋も
こちらの鍋敷きがふわっと受け止めてくれます。

*直前まで火にかけていた高温の土鍋やフライパンを載せると、
竹ひごが変色したり焦げたりすることもありますので、ご注意ください。
すこし温度が下がってから載せると良いかと思います。

竹はあまり熱が伝わらないため、熱いものを置いても
鍋敷き自体が高温になることはありませんが、
それでも熱いものを置いておいた直後に鍋敷きに触れると
やけどする可能性もありますので、ご注意ください。

また、やかんやフライパン、鍋など重いものを載せる際は
鍋敷きに衝撃を与えると、竹ひごが破損する恐れがありますので、
そっと載せるようにお使いください。

ご使用後は壁やS字フックなどに引っ掛けておくのもお勧めです。
使わないときにもオブジェとして楽しませてくれます。

いずれも経年変化をふくめて、長くお楽しみいただける一品です。
お好みのサイズをお選びください。

コラム